Appleサービス接続

ワークフローには、App StoreConnectやAppleDeveloperPortalなどの使用するAppleサービスからの情報を必要とするステップが含まれている場合があります。これらの2つのサービスは、次の手順でサポートされています。

これらの手順を、ビルドがBitriseで実行されているときに使用するAppleサービスに接続するには、認証データをBitriseに提供し、アプリに確立された認証方法を選択する必要があります。

Appleの公式APIキーまたはAppleIDとパスワードを使用して認証できます。

Appleの2要素認証要件

りんご 二要素認証 (2FA)は、Appleアカウントに追加のセキュリティレイヤーを提供します。

これまでにAPIキーを使用して認証を行っている場合は、2要素認証の要件の影響を受けません。

ただし、Apple IDとパスワードを使用して認証を行っている場合は、 新しい2FA要件 影響を受ける場合は、AppleDeveloperアカウントを再接続する必要があります Appleサービス接続 Bitriseプロファイルのページ。また、2要素認証/ 2段階認証コードとアプリ固有のパスワードも提供する必要があります。アップルの公式ドキュメントをご覧ください。 アプリ固有のパスワードを生成する方法

AppleDeveloperアカウントに接続する必要がある手順

次の手順では、Appleサービス(App StoreConnectやAppleDeveloper Portalなど)に接続する必要があります。これらの手順のいずれかを使用している場合は、正しい方法で接続を確立していることを確認してください。

表1 Apple認証が必要な手順

ステップ

接続タイプ

App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニングステップ

APIキー認証、ステップ入力によるAPIキー認証

AppleIDステップを使用したiOS自動プロビジョニング

AppleID認証

ファストレーンステップ

ステップ入力によるAPIキー認証、Apple ID認証、APIキーまたはAppleID認証

iTunesConnectにデプロイするステップ

ステップ入力によるAPIキー認証、Apple ID認証、APIキーまたはAppleID認証

iTunesConnectにデプロイ-アプリケーションローダーのステップ

ステップによるAPIキー認証、Apple ID認証、APIキーまたはAppleID認証


プロジェクトで使用できる認証に応じて、次のオプションがあります。

  • APIキー認証:可能であれば、この認証方法を使用することをお勧めします。二要素認証は必要ありません。必要なのは、提供することによってAppleサービスに接続することだけです 名前発行者IDキーID アップロードします 秘密鍵(.p8)、次にアカウントを選択します チーム アプリの設定のタブ。指定したデータは、APIキー認証で機能するステップのそれぞれのフィールドに自動的に入力されます。

  • Apple ID認証:APIキー認証を使用できない場合は、AppleIDとパスワードで認証できます。あなたの Apple IDパスワード2FAコードアプリ固有のパスワード 次に、の下のアカウントを選択します チーム アプリの設定のタブ。指定したデータは、AppleID認証で機能するステップのそれぞれのフィールドに自動的に入力されます。

  • ステップ入力によるAPIキーまたはAppleID認証:複数のチームに展開する場合、または認証が使用している接続されているチームとは異なるチームに展開する場合は、ステップの入力に優先認証を追加できます。これにより、以前に設定された接続が上書きされます Bitrise開発者接続