APIキーを使用してAppleサービスに接続する

APIキーを使用してAppleサービス(App StoreConnectやAppleDeveloper Portalなど)に接続するには、最初にAppleサービス認証データを当社に追加する必要があります。 Apple Services Connection ページ、次にアプリのAPIキー。

BitriseをAppleServicesに接続する場合は、APIキー認証が推奨される方法です。 50個のAPIキーをに追加できます Appleサービス接続 ページですが、プロジェクトで使用できるのは1つだけです( チーム タブ)。

ステップ入力の変更は必要ありません

この方法では、接続が確立されると、AppleAPIキーによる認証に関連するすべてのステップ入力が自動的に入力されます。これらのステップ入力フィールドを手動で変更する必要はまったくありません。

BitriseにAPIキー認証データを追加する

  1. オン App Store Connect管理者アクセスで新しいAPIキーを生成するユーザーとアクセス

    Admin access

    You must use the Admin role for the new App Store Connect API key! The Step and your build will fail if you set a different role.

    usersandaccess.jpg
  2. ログインする bitrise.io

  3. 右上隅にあるアカウントセレクタのドロップダウンメニューを開きます。

  4. を選択 プロファイル設定 オプション。

    これはあなたをに連れて行きます プロフィールを編集する ページ。

  5. メニューバーで選択します アップルサービス接続

    appleserviceconnection.jpg
  6. クリック 接続を追加

  7. すべての必須フィールドに入力します。 名前発行者ID、 そしてその キーID 手順1で生成した、および 秘密鍵をアップロードする(.p8)。 1つの入力が欠落している場合、 接続秘密鍵をアップロードする(.p8) ボタンは使用できなくなります。

    apikeyauthentication.jpg
  8. クリック 接続

  9. アプリにAppleデベロッパアカウントを割り当て続けます。

アプリへのAPIキー認証の割り当て

確立された接続でステップを使用する場合は、接続用のアプリも選択する必要があります。このようにして、ビルドがBitriseで実行されているときに、アプリがAppleDeveloperアカウントからデータを受信できます。

  1. でアプリのページを開きます bitrise.io

  2. を選択 チーム タブ。

  3. 下にスクロールして Appleサービス接続 セクション。

  4. を選択 APIキー認証(推奨) ドロップダウンで使用するアプリのメソッド。

    apikeyteam.jpg

これで、ビルド中にステップがApp StoreConnectまたはAppleDeveloperPortalに接続できるようになりました。