AppleIDを使用してAppleサービスに接続する

Apple IDを使用してAppleサービス(App StoreConnectやAppleDeveloper Portalなど)に接続するには、最初にAppleIDとパスワードをに追加する必要があります。 Appleサービス接続 ページをクリックし、ビルドの実行中にAppleID認証を使用するアプリを選択します。

APIキー認証を使用できない場合は、このオプションを試すことをお勧めします。 Bitriseに接続できるAppleIDは1つだけであることに注意してください。

二要素認証が有効になっているAppleアカウント

Appleアカウントで2要素認証が有効になっている場合は、このプロセス中にアプリ固有のパスワードを入力する必要があります。学び AppleIDアカウントページの[セキュリティ]セクションでアプリ固有のパスワードを生成する方法

appspecificpassword.jpg

BitriseにAppleID認証データを追加する

  1. 右上隅にあるアカウントセレクタのドロップダウンメニューを開きます。

  2. を選択 プロファイル設定 オプション。

    これはあなたをに連れて行きます プロフィールを編集する ページ。

  3. 左側のメニューバーで、 Appleサービス接続

  4. クリック 接続を追加 ボタン。

  5. あなたの Apple IDパスワード ポップアップウィンドウで。クリック 接続

    appleidauthentication.jpg
  6. あなたの〜を入力してください 検証コード の中に 二要素認証 窓。

  7. 追加します アプリ固有のパスワード。クリック 確認 続ける。

  8. 確認コードを入力するように求められます。

  9. 認証は30日で期限切れになり、再度認証する必要があります。それが起こったら、に行きます Appleサービス接続 ページでは、再度認証するために2要素認証(2FA)コードを自動的に要求します。定義したAppleDeveloperアカウントのリストが表示されます。 Apple ID接続の右端には、3つのドットがあります。ドットをクリックして選択します 再認証 ((2SA / 2FA)。

  10. アプリにAppleDeveloperアカウントを割り当てることに進みます。

アプリへのAppleID認証の割り当て

ステップでAppleID認証を使用する場合は、ビルドの実行中にAppleからデータを受信するために、アプリの認証方法も選択する必要があります。

  1. でアプリのページを開きます bitrise.io

  2. を選択 チーム タブ。

  3. 下にスクロールして Appleサービス接続 セクション。

  4. を選択 AppleID認証 アプリが使用するため。アプリの所有者と管理者権限を持つ他のチームメンバーの接続方法が表示されます。

    appleidteam.jpg

ステップは、ビルド中にAppleサービスに接続できるようになりました。