ステップ入力でAppleサービスに接続する

複数のチームに展開する場合、または認証が使用している接続されているチームとは異なるチームに展開する場合は、ステップの入力に優先認証を追加できます。これにより、以前に設定された接続が上書きされます Bitrise開発者接続

この方法では、接続は、認証を設定した特定のステップに制限されます。

2FAおよびAppleID認証

Apple IDに2FAが必要な場合は、AppleID認証を使用する必要があります。 iTunesConnectにデプロイする そしてその 追い越し車線 ステップ入力を介して認証する代わりにステップ。

APIキーを使用したステップでの認証

ステップ入力でのAPIキーまたはAppleID認証のいずれか

ステップに追加できる認証のタイプは、APIキー1つまたはAppleID1つのみです。いずれの場合も、 Bitrise Apple Developer Connection 入力はに設定されます off、それ以外の場合、ステップはで見つかった構成済みの認証方法で実行されます Appleサービス接続 (上の接続を削除することにした場合を除きます チーム タブ)。

  1. ステップをワークフローに追加します。

  2. APIキーをにアップロードします 一般的なファイルストレージ のセクション コード署名 ページ。

  3. をセットする Bitrise Apple Developer 繋がり への入力 off

  4. をセットする 発行者ID ステップのそれぞれのフィールドの秘密の環境変数として。

  5. を構成します APIキーパスAPI発行者 入力。

  6. 変更を保存して、新しいビルドを実行します。

AppleIDとパスワードを使用したステップでの認証

ステップ入力でのAPIキーまたはAppleID認証のいずれか

ステップに追加できる認証のタイプは、APIキー1つまたはAppleID1つのみです。いずれの場合も、 Bitrise Apple Developer Connection 入力はに設定されます off、それ以外の場合、ステップはで見つかった構成済みの認証方法で実行されます Appleサービス接続 (上の接続を削除することにした場合を除きます チーム タブ)。

  1. ステップをワークフローに追加します。

  2. をセットする Apple IDパスワード

  3. をセットする Bitrise Apple Developer Connection への入力 off

  4. 変更を保存して、新しいビルドを実行します。