Apple認証が必要な手順

このガイドでは、認証が必要なすべてのステップと、プロジェクトの要件に応じて選択できる認証方法を示します。

App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニングステップ

NS ステップ 公式を使用します App Store Connect API(JSON Webトークン)。アプリに割り当てられている確立されたAPIキーを使用することにより、このステップは次のようになります。

  • iOSプロジェクトに必要なプロビジョニングプロファイルを生成、更新、ダウンロードします。

  • プロジェクトがAppStoreConnectに登録されているかどうかを確認します。

  • Bitriseアカウントに接続されているiOSデバイスをAppStoreConnectに登録します。

APIキーを使用してAppleサービスに接続する

ステップ入力でAppleサービスに接続する

AppleIDステップを使用したiOS自動プロビジョニング

このステップ XcodeプロジェクトのiOSプロビジョニングプロファイルを自動的に管理します。このステップでは、AppleIDとパスワード認証を使用してAppleサービスに接続します。接続が構成されると、ステップは次のようになります。

  • iOSプロジェクトに必要なプロビジョニングプロファイルを生成、更新、ダウンロードします。

  • プロジェクトがAppStoreConnectに登録されているかどうかを確認します。

  • Bitriseアカウントに接続されているiOSデバイスをAppStoreConnectに登録します。

Apple IDとパスワードに加えて、指定した2要素認証(2FA)コードも保存されます。 2FAコードは30日間のみ有効であることに注意してください。 2FAコードの有効期限が切れたら、新しいコードを提供するために再認証する必要があります。

AppleIDを使用してAppleサービスに接続する

iTunesConnectにデプロイするステップ

このステップ、スクリーンショット、メタデータ、バイナリをにアップロードできます iTunes Connect fastlaneを使用してAppStoreレビュー用にアプリを送信します 配達 アクション。 NS iTunesConnectにデプロイする ステップは、AppleIDまたはAppStore Connect APIを使用するか、ステップ入力を介してApple DeveloperAccountに接続できます。 2FA対応のAppleIDの場合、 iTunesConnectにデプロイする ステップは、プロファイルのAppleServiceページで設定できるAppleID認証でのみ機能します。デフォルトの方法はAPIキー認証です。プロジェクトで機能する接続方法を選択します。

APIキーを使用してAppleサービスに接続する

AppleIDを使用してAppleサービスに接続する

ステップ入力でAppleサービスに接続する

iTunesConnectにデプロイ-アプリケーションローダーのステップ

このステップ、バイナリ(.ipaまたは.pkgファイル)をにアップロードできます iTunes Connect。 NS iTunesConnectにデプロイ-アプリケーションローダー Stepは、App Store Connect API、Apple IDとパスワード、またはStep入力を使用してApple DeveloperAccountに接続できます。プロジェクトで機能する接続方法を選択します。

APIキーを使用してAppleサービスに接続する

AppleIDを使用してAppleサービスに接続する

ステップ入力でAppleサービスに接続する

fastlaneステップ

このステップであなたはあなたを実行することができます 追い越し車線 ローカルで行うのと同じように、Bitriseのレーン。 2FA対応のAppleIDの場合、 追い越し車線 ステップは、で設定できるAppleID認証でのみ機能します。 アップルサービス あなたのプロフィールのページ。

APIキーを使用してAppleサービスに接続する

AppleIDを使用してAppleサービスに接続する

ステップ入力でAppleサービスに接続する