サービスクレデンシャルユーザー

サービスクレデンシャルは、接続されたGitプロバイダーアカウント(GitHub、GitLab、またはBitbucket)を使用して、Bitriseビルドの目的でこれらのサービスにアクセスするユーザーです。

サービスクレデンシャルユーザーを次のように設定する必要があります。

各アプリは、独自のサービスクレデンシャルユーザーを持つことができます。あなたはそれを見つけることができます チーム アプリのタブ。

ユーザーはいつでも変更できますが、Bitriseユーザーが他の誰かをサービス資格情報ユーザーとして設定することはできません。アプリで別のユーザーのクレデンシャルを使用する場合は、そのユーザーがBitriseにログインして、自分で変更を加える必要があります。

役割の要件

サービスクレデンシャルユーザーを変更するには、 管理者 アプリのチームでの役割。

デフォルトでは、アプリをBitriseに追加したユーザーがサービス資格情報ユーザーとして設定されます。変更した場合でも、常にアプリのリポジトリにアクセスできるユーザーである必要があります。

サービスクレデンシャルユーザーが必須ではありません。次を使用できます。 サービスクレデンシャルユーザーなし 持っていないように設定します。ビルドを実行してビルドを自動的にトリガーすることはできますが、BitriseはビルドステータスレポートをGitプロバイダーに送信できず、選択的ビルド機能を使用したり、ビルドを保存したりすることはできません。 bitrise.yml リポジトリ内のファイル。