Bitrise用のIdaptiveSAMLSSOのセットアップ

このガイドでは、BitriseをSAMLアプリケーションとして設定する手順を説明しています。 適応性

SAMLSSOの制限

SAML SSOは、 VelocityまたはEnterpriseBuildプラン

SAML SSO機能は上記のプランに関連付けられているため、ダウングレードする場合は、この機能が失われます。ワークスペースのすべてのメンバーにダウングレードに関する電子メールが送信されます。ワークスペースでSAMLSSOを再度使用する場合は、2週間以内に再アップグレードしてください。

SAML SSOをワークスペースに接続する前に:

  • ワークスペースの所有者のみがビットライズワークスペースにSAMLSSOを設定できることに注意してください。

  • Bitriseのアカウントには、 VelocityまたはEnterpriseプラン

  • で管理ポータルにログインする必要があります 適応性 BitriseをSAMLSSOアプリとしてセットアップし、BitriseとIdaptive間の接続を確立します。を使用している場合 ユーザーポータル切り替える 管理者ポータル Idaptiveでアバターをクリックします。

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  1. 管理者としてIdaptiveにログインします。

  2. に移動 アプリ、 その後に Webアプリ。クリック Webアプリを追加する 右側のボタン。

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  3. カスタム タブをクリックして選択します SAML、をクリックします 追加。に Webアプリを追加する ポップアップヒット はい選ぶ 窓。自動的にに移動します 設定 ページ。

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  4. Bitriseをに追加します 名前アプリケーションID 上のフィールド 設定 ページをクリックしてクリックします 保存する

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  5. クリック 信頼 左側のメニューバーで、 手動構成IDプロバイダーの構成

  6. クリック 署名証明書 ドロップダウンして証明書をダウンロードします。証明書の全内容をコピーできるように、テキストエディタで開きます。ファイルをアップロードすることもできます。

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  7. コンテンツを挿入するか、ファイル自体をにアップロードします SAMLSSOプロバイダー証明書 のテキストボックス シングルサインオンを有効にする Bitriseのページ。

  8. をコピーします シングルサインオンURL から 信頼 Idaptiveのページ。に挿入します SAML SSOプロバイダーシングルサインオンURL(SSO URL) 上のフィールド シングルサインオンを有効にする Bitriseのページ。

  9. にいる間 シングルサインオンページ Bitriseの、コピー アサーションコンシューマサービスURL(ACS URL) URLをクリックします SSOを構成する

  10. では、Idaptiveに戻りましょう。下 サービスプロバイダーの構成 クリック 手動構成。タイプ ビットライズ の中に SPエンティティID /発行者/対象者 貼り付けます アサーションコンシューマサービスURL(ACS URL) Bitriseから アサーションコンシューマサービス(ACS)のURL Idaptiveについて。

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  11. 下にスクロールして NameIDフォーマット 選択します 電子メールアドレス。クリック 保存する

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise
  12. に移動 権限 をクリックします 追加 ボタン。の中に ユーザー、グループ、または役割を選択します ポップアップで、SAMLアプリに追加するユーザー名を入力します。それを選択してヒット 追加。変更を保存します。これにより、BitriseSAMLアプリのステータスが次のように変更されます。 展開

    Setting up Idaptive SAML SSO for Bitrise

これで、BitriseのSAMLSSOプロバイダーとしてIdaptiveを使用する準備が整いました。