Bitrise用のOneLoginSSOのセットアップ

このガイドでは、BitriseをSAMLアプリケーションとして設定する手順を説明しています。 OneLogin

SAMLSSOの制限

SAML SSOは、 VelocityまたはEnterpriseBuildプラン

SAML SSO機能は上記のプランに関連付けられているため、ダウングレードする場合は、この機能が失われます。ワークスペースのすべてのメンバーにダウングレードに関する電子メールが送信されます。ワークスペースでSAMLSSOを再度使用する場合は、2週間以内に再アップグレードしてください。

SAML SSOをワークスペースに接続する前に:

  • BitriseでSAMLSSO接続をセットアップするときは、OneLoginの管理者が手元にあることを確認してください。

  • ワークスペースの所有者のみがビットライズワークスペースにSAMLSSOを設定できることに注意してください。

  • Bitriseのアカウントには、 VelocityまたはEnterpriseプラン

OneLoginでBitriseを構成するには:

  1. ログインする OneLogin 管理者として。

  2. クリック 管理 トップバーに。

    Setting up OneLogin SSO for Bitrise
  3. 選択する アプリケーション をクリックします アプリを追加。これはあなたをに連れて行きます アプリケーションを探す ページ。

    Setting up OneLogin SSO for Bitrise
  4. タイプ Bitrise 検索バーで、を選択します SAML2.0 検索結果から入力します。

    Setting up OneLogin SSO for Bitrise
  5. クリック 構成 左側のサイドバーのタブ。必要に応じて、アイコンを変更したり、説明を追加したりできます。確実に 組織(ビットライズ) がチェックされています。打つ 保存する

    Setting up OneLogin SSO for Bitrise
  6. クリック 構成 もう一度タブを押して貼り付けます アサーションコンシューマサービスURL(ACS URL) Bitriseワークスペースから シングル・サインオン タブに シングルサインオンURL OneLoginのフィールド。打つ 保存するOneLogin

    Setting up OneLogin SSO for Bitrise
  7. 選択する SSO 左側のサイドバーにあります。

  8. クリック 詳細を見る X.509証明書の場合。の内容をコピーします X.509証明書 に貼り付けます SAMLSSOプロバイダー証明書 上のフィールド シングルサインオンを有効にする Bitriseのページ。

  9. に戻る SSO OneLoginのページを作成し、 SAML 2.0エンドポイント(HTTP) リンク。に貼り付けます SAML SSOプロバイダーシングルサインオンURL(SSO URL) Bitriseのフィールド。

  10. Bitriseに戻り、クリックします SSOを構成する

    enablesinglesignonpage.png

OneLoginとBitriseのユーザー

Bitriseワークスペースのユーザーがすべてに追加されていることを確認してください ユーザー OneLoginのページ。そうでない場合は、 ユーザー、 それから 新しいユーザー 新しいユーザーを追加します。招待状を送信することを忘れないでください(その他のアクション ドロップダウンメニュー、 招待状を送信する)新しいユーザーに送信して、ユーザーがOneLoginで自分のアカウントをアクティブ化できるようにします。ユーザーは、をクリックして、新しく作成されたBitriseアプリに追加する必要があります アプリケーションユーザー情報 をクリックします + サイン。追加されたユーザーがすべてBitriseのWorkspaceメンバーであることを確認してください。

application-onelogin.jpg

OneLoginでのBitriseのセットアップを完了し、それをBitrise Workspaceに接続すると、すべてのWorkspaceメンバーは、BitriseWorkspaceへのSSO接続をアクティブ化するためのリンクを含む電子メールをBitriseから受け取ります。