GitlabWebhookの追加

コードプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびに、Bitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするようにWebhookを設定できます。 GitLabの場合、あなたがしなければならないのはあなたの登録することだけです bitrise-webhooks あなたのWebhookとしてのURL GitLab リポジトリ。

Webhookは自動または手動で登録できます。このガイドでは、Webhookを手動で登録するプロセスについて説明します。

  1. Bitriseでアプリを開きます。

  2. アプリのページの[コード]タブに移動し、 入ってくるWEBHOOK メニューをクリックします 手動でセットアップ

  3. 選択する GitLab ドロップダウンメニューから。

    Adding a Gitlab webhook
  4. 選択したサービスのWebhookURLをコピーします。

  5. でプロジェクトを開きます GitLab.com

  6. に移動 設定 プロジェクトの。

  7. 選択する 統合

    Adding a Gitlab webhook
  8. を入力 bitrise-webhooks URLフィールドのURL。

    Adding a Gitlab webhook
  9. の中に 引き金 セクション選択:

    • プッシュイベント

    • タグプッシュイベント

    • マージリクエストイベント

    Adding a Gitlab webhook
  10. クリック Webhookを追加する

それで全部です!次にコードをプッシュするとき、新しいタグをプッシュするとき、またはマージリクエストを作成/更新するときに、ビルドがトリガーされます(Bitriseのイベントに対してトリガーマッピングが定義されている場合)。