SlackWebhookの追加

概要

Bitriseビルドに関する自動メッセージをSlackに送信するようにWebhookを設定できます。

あなたは登録することができます bitrise-webhooks としてのURL 発信Webhook

URLが登録されたら、使用法のセクションで、メッセージで定義できるすべての受け入れ済みおよび必須のパラメーターと、いくつかの例を確認してください。

SlackのWebhookURLを取得する

  1. Bitriseのアプリのページに移動します。

  2. に移動します コード タブ。

  3. 下にスクロールして 入ってくるWEBHOOK セクション。

  4. クリック 手動でセットアップします。

    Adding a Slack webhook
  5. 選ぶ スラック ドロップダウンメニューから。

  6. からURLをコピーして貼り付けます 選択したサービスのWebhookURL 分野。

  7. SlackアプリにURLを登録する

使用法:メッセージ形式

メッセージは次の形式である必要があります。 key:value|key:value|...、サポートされている場所 keys それは:

次の2つのパラメータの少なくとも1つが必要です。

  • b また branch - 例: branch: master

  • w また workflow - 例: workflow: primary

その他のオプションのパラメーター:

  • t また tag - 例: branch: master|tag: v1.0

  • c また commit - 例: workflow: primary|commit: eee55509f16e7715bdb43308bb55e8736da4e21e

  • m また message - 例: branch: master|message: ship it!!

パラメータ要件

少なくともどちらか branch また workflow 指定する必要があり、必要に応じて両方を指定できます。オプションのパラメータはいくつでも自由に指定できます。

ワークフローで使用できる環境変数を次の形式で送信することもできます。 env[KEY1]:value1|ENV[KEY2]:value2

すべてのパラメーターが含まれている例:

workflow: primary|b: master|tag: v1.0|commit:eee55509f16e7715bdb43308bb55e8736da4e21e|m: start my build!|ENV[DEVICE_NAME]:iPhone 6S|ENV[DEVICE_UDID]:82667b4079914d4aabed9c216620da5dedab630a