AssemblaWebhookの追加

コードプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびに、Bitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするようにWebhookを設定できます。 Assemblaの場合、追加する必要があるのは bitrise-webhooks あなたへのURL アセンブラ スペース。

  1. に移動します コード アプリのページのタブと 入ってくるWEBHOOK メニューをクリックします 手動でセットアップ

  2. 選択する アセンブラ ドロップダウンメニューから。

    Adding an Assembla webhook
  3. 選択したサービスのWebhookURLをコピーします。

  4. にあなたのスペースを開きます assembla.com または組織のアセンブリドメイン。

  5. に移動します Webhook スペースのセクション。

  6. 選択する 新しいWebhookを作成する

  7. 設定 題名Bitrise Webhook

  8. 指定します bitrise-webhooks URL。 ((.../h/assembla/BITRISE-APP-SLUG/BITRISE-APP-API-TOKEN) の中に 外部URL 分野。

  9. 選択する application/json の中に コンテンツタイプ 分野。

  10. 次のコードをに貼り付けます コンテンツ

                            {"assembla": {"space": "%{space}", "action": "%{action}", "object": "%{object}"}, "message": {"title": "%{title}", "body": "%{body}", "author": "%{author}"}, "git": {"repository_suffix": "%{repository_suffix}", "repository_url": "%{repository_url}", "branch": "%{branch}", "commit_id": "%{commit_id}"}}
    
  11. 選択する コードコミット および/または Gitプッシュ の中に 更新を投稿する: セクション。

  12. クリック 追加

それで全部です!次回あなたは プッシュコード ビルドがトリガーされます(Bitriseのイベントに対してトリガーマッピングが定義されている場合)。