Xamarinアプリ用の署名付きIPAの作成

BitriseでのXamarinの非推奨

2021年10月末からBitriseでのXamarinサポートを廃止し、2022年1月にBitriseからXamarinサポートを完全に削除します。これはXamarinユーザーにとってどのような意味がありますか?

  • Xamarinステップ:ワークフローで非推奨のXamarinステップを引き続き使用できますが、Xamarinステップはワークフローエディターのステップライブラリに表示されません。

  • VSスタック:VSスタックの更新を継続せず、非推奨として強調表示します。

  • プロジェクトスキャナー:プロジェクトスキャナーはXamarinプラットフォームを認識しなくなります。 2022年1月に、BitriseからXamarinサポートを完全に削除します。

  • Xamarinステップはワークフローまたはステップライブラリに存在しません。 VSスタックはスタックライブラリから選択できず、ビルドはそのスタックで失敗します。

Bitriseを使用すると、Xamarinアプリ用の署名付きIPAファイルを簡単に作成できます。あなたがする必要があるのは私達の関連する入力を設定することです Xamarinアーカイブ ステップ。

Xamarinアプリ

による自動プロビジョニング App Store ConnectAPIを使用したiOS自動プロビジョニング ステップはXamarinアプリではサポートされていません!

  1. 必要なことを確認してください コード署名ファイルが収集され、アップロードされました

  2. Bitriseがコード署名ファイルを処理する方法を構成します。

  3. あなたが持っていることを確認してください Xamarin Archive ワークフローにステップインします。

  4. をセットする Xamarin solution configuration 使用するXamarinプロジェクト構成へのステップの入力(たとえば、 Release)。

  5. をセットする Xamarin solution platform への入力 iPhone

    Xamarin Studioでコード署名構成を設定することにより、Xamarinプロジェクトのコード署名タイプを制御できます。

    Creating a signed .ipa for Xamarin apps

複数のコード署名タイプを使用する場合(たとえば、アドホックとApp Storeの両方の署名付きアプリを作成する場合)、複数のコード署名タイプを作成します リリース XamarinStudioでの構成。使用するタイプに個別の構成を設定します。

あなたはできる コピー 既存の リリース Xamarin Studioでの構成。基本構成は同じで、コード署名設定のみを変更します。例えば、 コピー NS iPhoneをリリース 名前の付いた構成 ReleaseAppStore、このためにコード署名をAppStoreに設定します ReleaseAppStore 構成、およびこの構成をとして指定します Xamarinソリューションの構成 の入力 Xamarinアーカイブ ステップ。

Xamarinプロジェクトでコード署名構成を変更した場合は、署名ファイルを再度収集してアップロードすることを忘れないでください。