Expoアプリの使用を開始する

概要

メールまたはGitプロバイダーを介してサインアップし、リポジトリに接続して、Expoアプリの最初のビルドを実行することにより、Bitriseの使用を開始します。

ReactNativeプロジェクトを生成できます React NativeCLIまたはExpoCLIを使用博覧会 は、XcodeまたはAndroid Studioでネイティブコードを使用せずに、ReactNativeアプリをすばやく起動して実行できるようにするツールチェーンです。

このガイドでは、で構築されたReact Nativeプロジェクトをセットアップ、テスト、コード署名、およびデプロイする方法について説明します。 Expo CLI

ExpoアプリをBitriseに追加する

まず、React NativeExpoアプリをに追加する方法を見てみましょう。 bitrise.io

Bitriseアカウントをお持ちですか?

サインアップしていることを確認してください bitrise.io Bitriseアカウントにアクセスできます。アカウントを登録する方法は複数あります。

  1. あなたのBitriseに行きます ダッシュボード

  2. クリック + 上部のメニューバーにサインオンして、 WebUIに新しいアプリを追加する、に移動します 新しいアプリを作成する ページ。

    または、CLIを使用してアプリを追加することもできます。詳細については、チェックアウトしてください CLIからの新しいアプリの追加

  3. アプリを追加するアカウントを選択します。

  4. アプリのプライバシーを次のいずれかに設定します 民間 また 公衆 をクリックします

  5. リポジトリをホストするGitホスティングサービスを選択してから、プロジェクトをホストする独自のリポジトリを見つけて選択します。

  6. リポジトリアクセスを設定するように求められたら、をクリックします いいえ、SSHキーを自動追加します

  7. プロジェクトの構成を含むブランチの名前を入力します- 主要たとえば、-次にクリックします

  8. Bitriseがプロジェクトを検証している間待ちます。

  9. Webhookのセットアップ、Webhookを登録して、コードをリポジトリにプッシュするたびにBitriseが自動的にビルドを開始できるようにします。

これで、ReactNativeプロジェクトが正常にセットアップされました。 bitrise.io!最初のビルドは、プライマリワークフローを使用して自動的に開始されます。最初のビルドで生成されたレポートは、 アーティファクト ビルドのページのタブ。

の依存関係のインストール 博覧会 アプリ

Bitriseプロジェクトスキャナーが正常にスキャンした場合 事業、 npmコマンドを実行します また ヤーンコマンドを実行する ステップはデフォルトのワークフローに含まれます。これらの手順により、不足しているJavascriptの依存関係をアプリにインストールできます。

ネイティブAndroidの依存関係については、 不足しているAndroidSDKコンポーネントをインストールする ステップ。

ネイティブiOSの依存関係については、特に、 Homebrewインストール ステップまたは CocoaPodsインストールを実行します ステップ。

npmを使用してJavascriptの依存関係をインストールするには:

npmの代わりにYarnを使用する

このガイドでは、npmを使用してJavascriptの依存関係をインストールしています。ただし、 ヤーンコマンドを実行する 手順:追加の構成を必要とせずに、不足しているJS依存関係をインストールできます。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. ワークフローに npmコマンドを実行します ステップ。

  5. の中に 実行する引数を指定したnpmコマンド 入力フィールド、タイプ インストール

    Getting started with React Native apps

ReactNativeアプリのテスト

ReactNativeの組み込みテストメソッドを使用できます。 冗談 ユニットテストを実行します。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. 追加します npmコマンドを実行します ワークフローに進みます。

  5. の中に 実行する引数を指定したnpmコマンド 入力フィールド、タイプ テスト

    Getting started with React Native apps

Expoアプリのデプロイ

Bitriseはサポートします Expoアプリケーションサービス (EAS)Expoアプリの場合、デフォルトのデプロイBitriseワークフローは Expo Application Services(EAS)ビルドを実行する EASでビルドをトリガーするステップ。

EASを使用したくない場合は、 タートルCLI Bitriseワークフロー用。これを見る ワークフローレシピ 詳細については。