Flutterアプリの使用を開始する

Flutterは、開発者がiOSとAndroidの両方のネイティブアプリを作成できるようにするモバイルアプリSDKです。 ビットライズ Flutterアプリをサポート:Flutterのすべてのニーズに対応するための専用の手順があります。このガイドでは、BitriseでのシンプルなFlutterアプリのセットアップ、テスト、構築、デプロイについて説明します。

BitriseにFlutterアプリを追加する

Bitriseアカウントをお持ちですか?

サインアップしていることを確認してください bitrise.io Bitriseアカウントにアクセスできます。アカウントを登録する方法は複数あります。

  1. あなたのBitriseに行きます ダッシュボード

  2. クリック + 上部のメニューバーにサインオンしてを選択すると、 新しいアプリを作成する ページ。

  3. アプリを追加するアカウントを選択します。

  4. アプリのプライバシーをいずれかに設定します プライベート また 公衆 をクリックします

  5. リポジトリをホストするGitホスティングサービスを選択してから、プロジェクトをホストする独自のリポジトリを見つけて選択します。

  6. リポジトリアクセスを設定するように求められたら、をクリックします いいえ、SSHキーを自動追加します

  7. プロジェクトの構成を含むブランチの名前を入力します- 主要たとえば、-次にクリックします

  8. Bitriseがプロジェクトを検証している間待ちます。

    構成ファイルを探し、それらに基づいてアプリをセットアップします。 Flutterアプリの場合、間違いなく必要です pubspec.yaml プロジェクト内のファイル。

  9. プロジェクトの構成を含むブランチの名前(マスターなど)を入力し、[

  10. アプリのリポジトリにテストがある場合、それらを実行するかどうかを決定するように求められます。

    Getting started with Flutter apps
  11. FlutterプロジェクトにiOSプロジェクトがある場合は、.ipaエクスポート方法を選択する必要があります。

    Getting started with Flutter apps
  12. プロンプトが表示されたら、Webhookを登録します。

    Webhookを使用すると、コードがリポジトリにプッシュされたとき、またはプルリクエストが作成されたときに、Bitriseは自動的にビルドを開始できます。これにより、最初のビルドも開始されます。メッセージをクリックすると、ビルドページに移動します。

Flutterアプリのテスト

Flutterを使用して、ユニットテスト、ウィジェットテスト、および統合テストを記述して実行できます。詳細については、チェックアウトしてください Flutterの公式ドキュメント

自動生成されたものを使用できます 主要な Flutterアプリをテストするためのワークフロー。デフォルトでは、 フラッター分析 静的コードテストを実行するステップ。また、 フラッターテスト Flutterテストを実行し、コードカバレッジレポートを生成することもできるステップ。

フラッターテスト

リポジトリにテストがあり、選択した場合 はい プロンプトが表示されたら、アプリの作成中に、これらのテストを実行するかどうかを、プライマリワークフローに含めます。 フラッターテスト デフォルトでステップします。後でアプリにテストを追加する場合は、 フラッターテスト ワークフローに手動で移動します。

テストレポート

NS Bitrise.ioにデプロイします ステップは、の結果をエクスポートします フラッターテスト にステップ テストレポート デフォルトのアドオン:アドオンでFlutterテストの結果を確認するには、を追加するだけです。 Bitrise.ioにデプロイします ワークフローの最後にステップします。

Flutterアプリでテストを実行するには:

  1. アプリのワークフローエディターを開き、 主要な ワークフロー、またはテストの実行に使用するワークフロー。

  2. の中に Flutterインストール ステップ、記入してください FlutterSDKバージョン 入力。

    FlutterSDKのgitリポジトリのタグまたはブランチのいずれかを指定できます。デフォルト値は stable。これは、Flutterの最新の安定したブランチを使用します。

  3. フラッター分析 ステップ、使用したいフラグをに追加します 追加のパラメータ 入力。

    ステップは実行します flutter analyze 指定されたフラグを指定したコマンド。使用可能なフラグを確認するには、自分のマシンでコマンドラインインターフェイスを開いて実行します flutter analyze --help

  4. 追加します フラッターテスト ステップ。の中に 追加のパラメータ 入力し、使用したいフラグを入力します。

    ステップは実行します flutter test 指定されたフラグを指定したコマンド。使用可能なフラグを確認するには、自分のマシンでコマンドラインインターフェイスを開いて実行します flutter test --help

    Getting started with Flutter apps
  5. 確認してください プロジェクトの場所 の入力 フラッターテスト ステップは正しいです。

    デフォルト値は、Flutterプロジェクトの場所用に作成された環境変数(Env Var)です。

  6. コードカバレッジレポートを生成する場合は、 コードカバレッジファイルを生成しますか? への入力 yes

    これは実行されます flutter test とのコマンド --coverage 国旗。

  7. テスト結果をにエクスポートするには テストレポート アドオン、追加 Bitrise.ioにデプロイします ワークフローの最後に進みます。

  8. ビルドを実行してください!

それが完了すると、あなたはであなたのテスト結果を見つけることができます アプリとアーティファクト アプリのビルドページのタブ。

Flutterアプリのデプロイ

Flutterアプリをビルドしてデプロイするには、ワークフローに次のFlutterステップが含まれている必要があります。

  • Flutterインストール

  • フラッタービルド

リポジトリでプラットフォームを指定している場合は、 配備 Bitriseにアプリを追加すると、ワークフローが自動的に生成されます。このワークフローの内容はプラットフォームによって異なります。たとえば、アプリにiOSプロジェクトのみが含まれている場合、ワークフローには 証明書とプロファイルのインストーラー そしてその iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

iOSプロジェクトとAndroidプロジェクトの両方を同時にビルドすることも、それぞれ独自のワークフローを使用して別々にビルドすることもできます。これはで設定できます プラットホーム の入力 フラッタービルド いつでもステップ。デフォルトでは、ステップは、Bitriseにアプリを追加するときにスキャナーが検出した1つまたは複数のプラットフォームに従って構成されます。

この構成で使用するワークフローの例を、必要なすべての手順とともに示します。

Getting started with Flutter apps

パッケージとライブラリ

Flutterパッケージとライブラリの構築もサポートしています。アプリの場合とは異なり、ビルドするアーティファクトがないため、 フラッタービルド ワークフローにステップインします。

クロスプラットフォームアプリをbitrise.ioにデプロイする

NS bitrise.ioにデプロイします ステップは、ビルドに関連するすべてのアーティファクトをにアップロードします アプリとアーティファクト ビルドのページのタブ。

パブリックインストールページを使用して、生成されたアプリファイル(Androidの場合はAAB、iOSの場合はIPAファイル)をチームメンバーと共有できます。パブリックインストールページは、生成されたアプリバイナリをデバイスにインストールできる他のユーザーと共有できるURLです。 AAB / APKまたはIPAファイルが作成されたことをユーザーグループまたは個々のユーザーに通知することもできます。

expo.ioへの公開

NS Bitrise.ioにデプロイします ステップはExpoコマンドを使用せず、に公開しません expo.io。このステップでは、アーティファクトをBitriseに公開しますが、特定のプラットフォームに固有のものではありません。

に公開する必要がある場合 expo.io、 をセットする イジェクト後にexpopublishを実行しますか? の入力 イジェクトエキスポ にステップ yes。その場合、公開するExpoアカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があることに注意してください expo.io。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. あなたが持っていることを確認してください bitrise.ioにデプロイします ワークフローにステップインします。

  5. の中に 通知:ユーザーの役割、この役割が付与されている人だけに通知されるように、役割を追加します。または、 通知:メール 通知するユーザーの電子メールアドレスを含むフィールド。

    これらのメールアドレスを次のように設定してください 秘密!これらの詳細は、以下で変更することもできます。 通知 クリックすると で生成されたバイナリの横にあるアイコン アプリとアーティファクト タブ。

  6. ステップでパブリックインストールページを生成する場合は、 アプリの公開ページを有効にしますか? への入力 NS

FlutterアプリをAppStoreConnectにデプロイする

iOSFlutterプロジェクトをAppStoreにデプロイするには、アプリをビルドし、IPAファイルをエクスポートして、AppStoreに送信する必要があります。

テストとは異なり、これにはコード署名ファイルが必要です。

  • iOS配布証明書(.p12ファイル)。

  • AppStoreプロビジョニングプロファイル。

Flutterアプリケーションの場合、コード署名にはXcodeのプロジェクト設定でチームIDを設定する必要があります。

FlutterアプリのチームIDの構成

iOSプロジェクトをローカルで作成したら、Xcodeでそのプロジェクト設定を確認する必要があります。具体的には、有効なチームIDを設定する必要があります。設定しないと、Bitriseでビルドが失敗します。

  1. Xcodeで、 Runner.xcworkspace あなたのアプリの ios フォルダ。

  2. アプリの設定を表示するには、 ランナー Xcodeプロジェクトナビゲータのプロジェクト。次に、メインビューのサイドバーで、 ランナー 目標。

  3. を選択 全般的 タブ。

  4. の中に 署名 セクション、を見つけます チーム メニューを表示し、登録済みのAppleDeveloperアカウントに関連付けられているチームに設定します。

  5. リポジトリへの変更をコミットしてください!

    これは非常に重要です。ローカルでのみチームIDを設定した場合でも、Bitriseでビルドは失敗します。

BitriseのAppStoreへのFlutterデプロイメントの構成

  1. あなたが持っていることを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー ワークフローにステップインします。

  2. 必要なコード署名ファイルをにアップロードします ビットライズ

  3. を開きます フラッタービルド ステップして見つけます iOSプラットフォーム構成 入力グループ。

  4. 確認してください 追加のパラメータ 入力には値があります --release

  5. 確認してください プラットホーム ステップの入力:どちらかに設定されていることを確認してください iOS また both

  6. あなたが持っていることを確認してください iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ワークフローにステップインします。

    それは後でなければなりません フラッタービルド ステップ。

  7. をセットする エクスポート方法を選択してください ステップの入力 アプリストア

  8. 追加します iTunesConnectにデプロイする ワークフローの最後に進みます。

  9. それぞれの入力フィールドにAppleのクレデンシャルを入力します。

    • Apple ID。

    • パスワード、またはiTunes Connectで2要素認証を使用する場合は、アプリケーションのパスワード。

    心配しないでください。パスワードはログに表示されたり、公開されたりすることはありません。

  10. ビルドを開始します!

すべてがうまくいけば、ステップはアプリをApp StoreConnectに送信します。 App Store Connectページから、Testflightを介して外部テスターにアプリを配布するか、AppStore自体にリリースすることができます。

FlutterアプリをGooglePlayにデプロイする

アプリをGooglePlayにデプロイするには、アプリバンドルファイルをエクスポートして署名する必要があります。 2つのオプションがあります。

  • あなたはできる コード署名を構成する アプリの build.gradle ファイルを作成すると、ビルドフェーズでFlutterがアプリに署名します。

  • 専用のステップを使用して、BitriseでAABまたはAPKファイルに署名します。

このガイドの範囲は2番目のオプションです:AAB / APKファイルに署名する Androidサイン ステップ。

  1. キーストアファイルを生成する

    コード署名にはキーストアファイルが必要です。

  2. Bitriseでアプリを開き、 ワークフロー >> コード署名 >> Androidコード署名

  3. キーストアファイルをドラッグアンドドロップし、メタデータに入力します。

  4. GooglePlayアクセスを構成します。

    これを行う必要があるのは、アプリの最初のGooglePlayデプロイの場合のみです。

  5. を見つける Androidプラットフォームの構成 入力グループと 追加のパラメータ 入力には値があります --release

  6. の中に Android出力アーティファクトタイプ 入力フィールド、いずれかを選択します APK また appbundle 展開要件に応じて。

  7. の中に 出力(.apk、.aab)パターン 入力、パスを設定します GooglePlayにデプロイする ステップは、生成されたバイナリにアクセスできるようになります。

    パスは、プロジェクトのソースディレクトリからの相対パスである必要があります。 BITRISE_SOURCE_DIR 環境変数。

  8. あなたが持っていることを確認してください GooglePlayにデプロイする 後のステップ Androidサイン ワークフローにステップインします。

  9. 次のように、必須の入力フィールドに入力します。

    • サービスアカウントのJSONキーファイルパス:このフィールドはリモートURLを受け入れることができるため、アップロードされたサービスアカウントのJSONキーを含むEnvVarを指定する必要があります。例えば: $BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL

    • パッケージ名:Androidアプリのパッケージ名。

    • 追跡:APKをデプロイするトラック(たとえば、alpha / beta / rollout / productionまたは設定したカスタムトラック)。