MacOSアプリの使用を開始する

このガイドでは、MacOSアプリをBitriseに追加する方法、Xcodeテストを実行する方法、コード署名ファイルを管理する方法、およびアプリをbitrise.ioとAppStoreにデプロイする方法について説明します。

MacOSアプリをBitriseに追加する

Bitriseアカウントをお持ちですか?

サインアップしていることを確認してください bitrise.io Bitriseアカウントにアクセスできます。アカウントを登録する方法は複数あります。

  1. あなたのBitriseに行きます ダッシュボード

  2. クリック + 上部のメニューバーにサインオンして、 WebUIに新しいアプリを追加する、に移動します 新しいアプリを作成する ページ。

    または、CLIを使用してアプリを追加することもできます。詳細については、チェックアウトしてください CLIからの新しいアプリの追加

  3. アプリを追加するアカウントを選択します。

  4. アプリのプライバシーを次のいずれかに設定します 民間 また 公衆 をクリックします

  5. リポジトリをホストするGitホスティングサービスを選択してから、プロジェクトをホストする独自のリポジトリを見つけて選択します。

  6. リポジトリアクセスを設定するように求められたら、をクリックします いいえ、SSHキーを自動追加します

  7. プロジェクトの構成を含むブランチの名前を入力します- 主要たとえば、-次にクリックします

  8. Bitriseがプロジェクトを検証している間待ちます。構成ファイルを探し、それらに基づいてアプリをセットアップします。

    プロジェクトにSHAREDスキームがない場合、検証は失敗することに注意してください。 Bitriseを手動でXcodeスキームにポイントすることもできますが、共有されている場合は、自動的に検出されます。

  9. エクスポート方法を選択します。これは後で変更できます-今のところ、 発達

    Getting started with MacOS apps

    クリックすると、次のように表示されます。

    • プロジェクトまたはワークスペースのパス。

    • スキーム名。

    • エクスポート方法。

    • MacOSスタック。

  10. プロンプトが表示されたらWebhookを登録して、コードがリポジトリにプッシュされたとき、またはプルリクエストが作成されたときにBitriseがビルドを自動的に開始できるようにします。これにより、最初のビルドも開始されます。メッセージをクリックすると、ビルドページに移動します。

MacOSアプリのテスト

アプリを作成すると、最初のビルドは自動的に作成されたプライマリワークフローに基づいて実行されます。アプリのワークフローエディターで確認できます。ダッシュボードでアプリの名前をクリックしてから、[ワークフロータブ

アプリにテストターゲットが定義されていない場合、プライマリワークフローには Mac用のXcodeテスト ステップ。

テストターゲットを定義している場合、 主要な MacOSアプリのワークフローには、Xcodeテストを実行し、その結果を表示するために必要な2つのステップが含まれています。 bitrise.io

  • Mac用のXcodeテスト

  • Bitrise.ioにデプロイします

コード署名ファイル

Xcodeテストを実行し、その結果をBitriseにデプロイするために、コード署名ファイルは必要ありません。だから、まだそれらについて心配しないでください!

The Mac用のXcodeテスト ステップは、事前定義されたXcodeテストを実行します。変更する必要のないデフォルト構成があります。テストが正しく記述されていれば、機能します。 Xcodeにも同じ構成オプションがあります。

The Bitrise.ioにデプロイします 以下をにデプロイします ログアーティファクト ビルドのタブ:

  • Xcodeテストの結果。

  • あなたの生 xcodebuildoutput ログ。

TheBitrise.ioにデプロイしますステップはまた、結果をエクスポートしますMac用のXcodeテスト にステップテストレポートアドオン。

MacOSアプリのコード署名とエクスポート

他の物理デバイスにアプリをインストールしてテストするには、.appまたは.pkgファイルを作成してエクスポートする必要があります。これには、コード署名を設定する必要があります。この例では、アプリをエクスポートします。 発達 エクスポート方法:このようなアプリをTestflightにアップロードすることはできませんが、たとえば、内部テスターのデバイスでテストすることはできます。

自動プロビジョニング

ここで説明する手順の例では、手動プロビジョニングを使用しています。 証明書とプロファイルのインストーラー ステップ。ただし、Bitriseは 自動プロビジョニング ただし、このガイドの範囲には含まれていません。

必要になるだろう:

  • 自動的に作成された deploy ワークフロー。

  • a 発達 証明書(.p12証明書ファイル)。

  • a 発達 タイプProvisioningProfile。 MacOSプロジェクトの場合、プロビジョニングプロファイルのファイル拡張子は次のとおりです。 .provisionprofile

  1. Xcodeでプロジェクトのコード署名タイプを手動または自動(Xcode管理)に設定し、パッケージファイルをローカルで生成します。

  2. コード署名ファイルを収集してアップロードする codesigndocツール

    このツールは、コード署名ファイルをBitriseにアップロードすることもできます。アップロードすることをお勧めします。それ以外の場合は、手動でアップロードします。ワークフローエディターに入り、 コード署名 タブをクリックし、それぞれのフィールドにファイルをアップロードします。

  3. アプリのワークフローエディターに移動し、 配備 のワークフロー ワークフロー 左上隅のドロップダウンメニュー。

  4. あなたが持っていることを確認してください 証明書とプロファイルのインストーラー ワークフローにステップインします。それは前でなければなりません Mac用のXcodeアーカイブ ステップ(2つの間に他のステップを含めることができます。 Mac用のXcodeテスト)。

  5. チェックしてください エクスポート方法 下の入力 app/pkgエクスポート構成 の入力グループ Mac用のXcodeアーカイブ ステップ。

    選択した場合 発達 アプリをBitriseに追加した場合、入力を変更する必要はありません。それ以外の場合は、手動でに設定します 発達

    macOS_export_method.png
  6. ビルドを開始します。

正しいコード署名ファイルをアップロードした場合、 証明書とプロファイルのインストーラー ステップはあなたのコード署名ファイルとをインストールする必要があります Mac用のXcodeアーカイブ ステップでは、開発エクスポートメソッドを使用して.appまたは.pkgファイルをエクスポートする必要があります。あなたが持っている場合 Bitrise.ioにデプロイします ワークフローにステップインすると、バイナリパッケージファイルは次の場所にあります。 アーティファクト ビルドページのタブ。

AppStoreConnectへのアプリのデプロイ

コード署名ファイルを設定し、内部テスター用に.appまたは.pkgファイルを作成した場合は、外部テスターを関与させてから、MacOSアプリをAppStoreに公開します。方法を見てみましょう!

開発者ID

アプリをAppStoreの外部に配布する場合は、 開発者ID。この方法はこのガイドの範囲外ですが、Bitriseでも同じように機能します。つまり、適切なコード署名ファイルをアップロードするだけです。

App Storeにデプロイするには、次のコード署名ファイルが必要です。

  • a Macアプリ 分布 証明書。

  • a マック インストーラーの配布 証明書。

  1. ローカルマシンで、XcodeでプロジェクトのApp Storeコード署名を設定し、.appまたは.pkgファイルをエクスポートします。これがローカルで失敗した場合、Bitriseでも間違いなく失敗します!

  2. コード署名ファイルを収集してアップロードする codesigndocツール。

  3. アプリのワークフローエディターに移動し、新しいワークフローを作成します。 + [ワークフロー]ドロップダウンメニューの横にあるボタンで、新しいワークフローの名前を入力し、 に基づく ドロップダウンメニューで、 配備。このようにして、新しいワークフローは基本のコピーになります 配備 ワークフロー。

  4. をクリックします app/pkgエクスポートメソッド 、およびを設定します エクスポート方法 の入力 Mac用のXcodeアーカイブ にステップ app-store

    異なるエクスポート方法で複数のバイナリをエクスポートできます。 macOSXcodeアーカイブをエクスポートする そうするために、ワークフローにステップインします。

  5. 追加します App Store Connectへのデプロイ-アプリケーションローダー(以前のiTunes Connect) 後、ワークフローに進みます Mac用のXcodeアーカイブ ステップ、できれば前に Bitrise.ioにデプロイします ステップ。

  6. Appleのクレデンシャルを App Store Connectへのデプロイ-アプリケーションローダー(以前のiTunes Connect) ステップ。

    ステップには次のものが必要です。

    • Apple ID。

    • パスワード、またはiTunes Connectで2要素認証を使用する場合は、アプリケーションのパスワード。

    心配しないでください。パスワードはログに表示されたり、公開されたりすることはありません- それがSENSITIVEとマークされている理由です

以上です!ビルドを開始します-すべてがうまくいけば、Testflightにアプリが表示されます。そこから、外部のテスターに配布したり、AppStoreにリリースしたりできます。