Skip to main content

セルフホスト型ビルド用のエージェント プールの構成

概要

セルフホスト型インフラストラクチャで Bitrise を実行するには、Bitrise ワークスペースでエージェント プールを設定する必要があります。これにより、セルフホスト型ビルドで使用するビルド エージェントが予約され、エージェントを認証するためのトークンが Bitrise に提供されます。

Bitrise ビルドは、制御するハードウェア上で実行できます。次の 2 つの異なるオプションを提供します。

どちらのオプションでも、Bitrise ワークスペースでエージェント プールをセットアップする必要があります。これにより、セルフホスト型ビルドで使用するためにビルド エージェントが予約されます。各予約プールには一意のトークンが付属しています。このトークンは、AWS EC2 インスタンスとオンプレミス ランナーの両方が Bitrise ワークスペースに接続し、ワークスペースが所有するアプリのビルドを実行できるようにするために必要です。これらのビルドは、他のビルドと同様に、ワークフロー エディターから構成して実行できます。

可用性

現時点では見つからないことに注意してください。 ビットライズエージェント 私たちのチームが特別に有効にしていない場合は、ワークスペース設定のオプションを選択してください。独自のインフラストラクチャ上で Bitrise ビルドを実行することに興味がある場合は、 お問い合わせ

そうするために:

  1. Bitrise にログインし、左側のナビゲーション バーにマウスを置きます。

  2. 正しいワークスペースが選択されていることを確認してください。

  3. 選択する 設定

    workspace-settings-new.png
  4. 左側で選択します ビットライズエージェント

  5. Bitrise エージェント プール ページ、クリック 新しいエージェント プールを追加する

    agent-pools-overview.png
  6. に名前を入力します 名前 フィールドをクリックして

  7. トークンを受け取ります。このトークンをコピーします。認証に必要になります。

    agent-token.png
  8. Bitrise で必要なアプリを開き、クリックします ワークフロー

  9. クリック bitrise.yml を編集する ワークフローエディターに移動し、 スタックとマシン タブ。

  10. スタック選択ドロップダウン メニューで独自のスタックを見つけます。それが呼び出されます。 セルフホスト型エージェント: <エージェント プール名>

    たとえば、プールに名前を付けた場合、 my-pool、スタックが呼び出されます 自己ホスト型エージェント: my-pool

  11. クリック 保存 右上隅にあります。

これで、予約されたエージェント プールを使用してビルドが実行されるようになります。ビルドは独自のハードウェアまたは AWS EC2 インスタンスで実行できます。