ワークフローへのステップの追加

ステップは、ワークフローからいつでも追加または削除できます。 Bitriseに新しいアプリを追加すると、プロジェクトスキャナーはいくつかのデフォルトのステップで少なくとも1つのワークフローを生成しますが、これらをまったく使用する必要はありません。どのステップを含めるかはあなた次第です。

ワークフローに任意のステップを追加できます-制限はまったくありません。これは、たとえばiOSアプリに固有のステップをAndroidアプリのワークフローに追加できることを意味することに注意してください。ワークフローには、関連するステップのみを追加するようにしてください。

ワークフローエディターでのステップの追加

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. クリック + その位置にステップを挿入するには、2つのステップの間に記号を付けます。

    Adding a step
  5. 必要なステップを検索します。

    検索フィルター

    検索フィールドの右側にあるフィルターに注意してください。デフォルトでは、フィルターはアプリのプラットフォームタイプに設定されています。たとえば、iOSアプリにステップを追加する場合、検索はiOSステップにフィルターされます。クリック 全て すべてのステップを検索します。

  6. ステップをクリックして、ワークフローに追加します。

代替ソースからのステップの追加

通常、公式のBitrise StepLibraryの一部であるStepsを使用することをお勧めします。ただし、必要に応じて、他のソースからステップを追加できます。GitURLまたはローカルパスのいずれかを使用できます。

Bitrise Webサイトでは、 git:: 特別なソースは、ビットライズステップライブラリにないステップを使用する最も簡単な方法です。方法を見てみましょう。

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します bitrise.yml タブ。

  4. 使用するステップのgitURLを追加します。

    この例では、gitソースからスクリプトステップを追加しています。

    - git::https://github.com/bitrise-io/steps-script.git@1.1.3:
  5. クリック 保存する

ワークフローからのステップの削除

ステップはいつでも削除できます。ただし、後日追加し直すと、ステップ入力がデフォルト値に設定されることに注意してください。カスタム構成はすべて失われます。

ステップの無効化

ステップを実行したくないが、ステップ構成をそのまま維持したい場合は、ステップを無効にすることができます。 ステップを条件付きで有効または無効にする

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. からワークフローを選択します ワークフロー ドロップダウンメニュー。

    Installing any additional tools
  4. 削除するステップをクリックします。

  5. 右側のゴミ箱アイコンをクリックします。

  6. クリック 保存する