デフォルトのワークフロー

に新しいアプリを追加するとき bitrise.io、アプリに応じて、1つまたは2つのワークフローが自動的に作成されます。これらは 主要な そしてその 配備 ワークフロー。デフォルトでは、プロジェクトのリポジトリでコードを変更するたびに、 主要な 必要なWebhookが設定されている場合のワークフロー。

トリガーは、特定のコードイベントが発生したときに、他のワークフロー(デプロイを含む)が自動的にトリガーされるように構成できます。

主要なワークフロー

NS 主要な 新しいアプリを追加すると、ワークフローが自動的に作成されます。アプリを追加するプロセスが終了すると、Bitriseはアプリの最初のビルドを自動的にトリガーします。このビルドは 主要な ワークフロー。

Default Workflows

NS 主要な ワークフローは、作成するすべてのアプリで同じではありません。プロジェクトの種類に応じて異なるステップが含まれています。たとえば、Androidプロジェクトの 主要な ワークフローには、 不足しているAndroidSDKコンポーネントをインストールする、 NS Android Lint そしてその Androidユニットテスト ステップ。しかし、全体として、 主要な は、常に次のアクションを実行する基本的なワークフローです。

  • SSHキーがアプリに追加されている場合は、SSHキーをアクティブにします。このステップでは、それをファイルに保存してから、ユーザーのssh-agentにロードします。 ssh-add 指図。デフォルトでは、SSHキーが追加されていない場合、ステップは実行されません。

  • プロジェクトのGitリポジトリのクローンを作成します Gitクローンリポジトリ ステップ。

  • を実行します Bitrise.ioキャッシュ:プルBitrise.ioキャッシュ:プッシュ ステップ。

  • ビルドアーティファクトを Bitrise.ioにデプロイします ステップ。

デプロイワークフロー

NS 配備 アプリでテストを構成している場合、新しいアプリを追加するとワークフローが自動的に作成されます。これは、いくつかの点でプライマリワークフローに似ています。

  • 基本的な手順は同じです。

  • その具体的な手順は、プロジェクトの種類によって異なります。

NS 配備 ただし、ワークフローにはプロジェクトをビルドするステップも含まれており、ビルドが成功すると、アプリのインストールまたはオンラインでのデプロイに必要なアーティファクトが生成されます。たとえば、Androidプロジェクトの 配備 ワークフローには、 Androidビルド Gradleを使用してプロジェクトを構築するステップ、および Androidサイン Google Playにデプロイしたり、テストデバイスにインストールしたりできる署名付きAPKを作成するステップ。