ステップを条件付きで有効または無効にする

任意のワークフローでステップを有効または無効にできます。また、ステップの条件を設定することもできます。自分のコンピューターで、Bitrise CLIを使用するか、 bitrise.yml ワークフローエディタのタブ。

私たちは主に使用します run_if これらのことを行うための表現。 テンプレート式を確認してください

NS run_if 任意の有効なGoテンプレートにすることができます

NS run_if 任意の有効なものにすることができます テンプレートに移動、評価する限り true また false (または、たとえば、任意の文字列表現 Truetyes また y すべてが true)。テンプレートが次のように評価された場合 true、ステップは実行されます。それ以外の場合は実行されません。

run_if カスタム環境変数を確認するには:

run_if: |-
        {{enveq "CUSTOM_ENV_VAR_KEY" "test value to test against"}}

この run_if の値が CUSTOM_ENV_VAR_KEY ではありません test value to test against

ステップの無効化

ワークフローからステップを削除したくないが実行したくない場合は、を使用してステップを無効にすることができます。 run_if 表現。

ワークフローの実験

ステップを削除したり無効にしたりせずに、ワークフローのさまざまな構成を試すには、ワークフローのクローンを作成することをお勧めします。元のワークフローを変更せずに、複製されたワークフローを必要なだけ変更できます。

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: false それに。

    - script:
        run_if: false
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "This will never run, because of run_if:false"

CI環境でのみステップを実行する

CI環境でのみステップを実行すると、ビルドはローカルビルドの特定のステップをスキップします。ステップを無効にするのと同じように、 run_if 表現。これを使用して、ビルドをローカルでデバッグします。

NS .IsCI 国旗

多くのステップにこれがあります。IsCI デフォルトで設定されているフラグ:たとえば、 Git Clone ステップ。ただし、変更することはできます run_if これらのステップのプロパティも:に設定するだけです run_if: true

CIモードをローカルで有効にする

CIモードは、を設定することにより、ご使用のMac / PCで有効にできます。 CI 環境へ true (たとえば、実行 export CI=true Bashターミナルで)、または実行することによって bitrise run とともに --ci 国旗: bitrise --ci run ...

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: .IsCI それに。

    - script:
        run_if: .IsCI
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "This will only ever run in a CI environment because run_if: IsCI"

ビルドが失敗した場合にのみステップを実行する

特定のステップに到達する前にビルドが失敗した場合にのみ、ステップを実行できます。に加えて run_if、を使用する必要があります is_always_run プロパティも。

  1. アプリを開きます bitrise.yml ファイル。

  2. 無効にするステップを見つけます。

  3. 追加 run_if: .IsBuildFailed それに。

  4. 追加 is_always_run: true それに。

    これにより、前のステップが失敗した場合でも、ステップを実行できます。

    - script:
        is_always_run: true
        run_if: .IsBuildFailed
        inputs:
        - content: |-
            #!/bin/bash
            echo "Build Failed!"

Ignoring a failed Step without failing the build

Usually, when a Step fails during a build, the built itself fails, too. This isn't the case with every Step, of course: both the Bitrise.io Cache:Pull and the Bitrise.io Cache:Push Steps can fail without failing the build. You can also configure any other Step to ensure their failure doesn't fail the build.

YAML mode only

You can't do this on the graphical UI of the Workflow Editor: you have to edit your app's bitrise.yml file.

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動します bitrise.yml タブ。

  4. Find the Step you need.

  5. Add the is_skippable flag to it and set it to true:

    - script: 
        is_skippable: true 
        inputs: 
        - content: |- 
            # !/bin/bash 
            echo "Failing Step." 
            exit 1 
            # exit 1 would mark this step as Failed, but it won't break the Build 
            # because of the is_skippable: true flag / property