ステップの制限時間を設定する

ビルドがハングする原因となる可能性のあるステップのステップタイムアウトを設定して、ビルドが制限時間を超えないようにします。

秒単位で定義されるステップタイムアウトは、ステップの実行を許可される最大時間を設定します。ステップがその制限を超えると、ワークフローは次のステップに進みます。これは、たとえば、すぐには明らかでない理由でビルドがハングした場合に役立ちます。問題の原因であると疑われる1つまたは複数のステップにタイムアウトを設定できます。

  1. でステップを見つける bitrise.yml ファイル。

    ファイルはローカルで編集することも、 bitrise.yml ワークフローエディタのタブ。

  2. 追加する timeout 他のステップ入力の前にプロパティを入力し、その値を秒単位で指定します。

    - xcode-test@1.18.14:
         timeout: 120
         inputs:
         - project_path: "$BITRISE_PROJECT_PATH"
         - scheme: "$BITRISE_SCHEME"