Androidユニットテスト

ユニットテストの実行

単体テストは、個々のコードブロックを検証したり、バグをキャッチしたり、クラッシュをできるだけ早く防止したりする場合に役立ちます。

このチュートリアルでは、アプリに対して単体テストを実行する方法と、プライマリワークフローを使用してテストレポートを生成する方法について説明します。

幸い、Androidのプライマリワークフローには、ビルドで単体テストを実行するAndroidユニットテストステップがすでに含まれています。

カスタムステップ/スクリプトの使用

カスタムステップまたはスクリプトを使用する場合、Deploy to Bitrise.io Stepは、デフォルトでファイル/ビルドアーティファクトを$ BITRISE_DEPLOY_DIRディレクトリからデプロイするため、生成されたアプリをそこに移動するようにしてください。

または、ファイル/ビルドアーティファクトの場所を指すように、ステップのデプロイディレクトリまたはファイルパス入力を設定します。

指定されたパスがディレクトリの場合、そのディレクトリ内のすべてのファイルが展開されることに注意してください。指定されたディレクトリにサブディレクトリがある場合、それらはアップロードされません! Compressオプションを使用すると、ディレクトリのコンテンツを再帰的にアップロードできます。これにより、すべてのサブディレクトリを含むディレクトリ全体が圧縮されます。最後に、ファイルパスを指定すると、指定したファイルのみがデプロイされます。

ビルドが失敗した場合はログを確認してください

ビルドが失敗した場合は、ビルドのページで[ログのダウンロード]をクリックします。ステップログの最後の行で、エラーメッセージを表示し、それに応じてエラーを修正できます。完了したら、変更をリポジトリにコミットすると、新しいビルドが自動的に開始されます。

テスト結果の生成と確認

Androidユニットテストの結果は、テストレポートページ。 NSAndroidユニットテストステップは、単体テストレポートを生成し、$ BITRISE_TEST_DEPLOY_DIRフォルダーにエクスポートします。そうしてBitrise.ioにデプロイします ステップは、これらのレポートを$ BITRISE_TEST_DEPLOY_DIRフォルダーからそれぞれのビルドにエクスポートします。テストレポートテスト結果を表示できるページ。

テストレポートをサポートするステップバージョン

NSBitrise.ioにデプロイしますステップはバージョン1.4.1以降である必要があります。Androidユニットテスト古いバージョンのステップはテストレポートをサポートしていないため、ステップはバージョン0.10.0以降である必要があります。

テスト結果の確認

テストレポートには、実行したすべてのテストに関する最も重要な情報が表示されます。 テストの概要 タブ。実行したすべてのテスト、それらの期間、およびそれらの結果が表示されます。個々のテストのタブをクリックして、詳細を確認することもできます。

特定のテストの結果にアクセスするには:

  1. Bitriseでアプリのページを開きます。

  2. クリック ビルド タブをクリックして、テストを実行したビルドを選択します。

  3. ビルドステータスで、をクリックします 続きを見る のそばに テストレポート ラベル。

    Test Reports
  4. テストの概要 タブで、確認したいテストを見つけます。または、トップバーで、チェックアウトするテストセットのタブをクリックします。結果に基づいてテストをフィルタリングするには、右上のメニューを開きます。 全て デフォルトでは。

    Test Reports
  5. クリック テストケース 詳細を確認します。

    UIテストはデバイスごとにグループ化され、単体テストはテストケースごとにグループ化されます。

見つけるだろう:

  • 実行したテストの総数、および成功したテストと失敗したテストの比率。

  • 個々のテスト(単体テストとUIテストの両方)の期間。

  • UIテストの場合、デバイスの向きとロケール。

    Test Reports

テストの種類に応じて、次のことを確認できます。

  • 個々のテストケース

  • パフォーマンスデータ

  • ビデオ

  • スクリーンショット

  • アーティファクトをテストする

  • ログ

上記のように、これはテストの種類によっても異なります。単体テストの場合、もちろんスクリーンショットやビデオは表示されません。