Xcodeテストの実行

BitriseでXcodeテストを実行するには、プロジェクトでテストターゲットを定義する必要があります。 Xcodeテストを実行してその結果を表示するには、次の2つの手順が必要です。

  • iOS用Xcodeテスト

  • にデプロイする Bitrise.io

コード署名ファイル

Xcodeテストを実行し、その結果をBitriseにデプロイするために、コード署名ファイルは必要ありません。だから、まだそれらについて心配しないでください!

NS iOS用Xcodeテスト stepは、事前定義されたXcodeテストを実行します。テストが正しく記述されている場合に機能するデフォルト構成があります。 Xcodeにも同じ構成オプションがあります。

コードカバレッジファイルを生成し、テスト結果を圧縮されたzipファイルとしてエクスポートすることもできます。

テストレポート

Xcodeテスト結果はテストレポートにエクスポートされます。 テストレポート あなたのためにそれを機能させる方法を見つけるためのガイド。

BitriseでのXcodeテストの構成

のデフォルトの入力値 iOS用Xcodeテスト テストが正しく記述されていれば、ステップは機能する可能性があります。ただし、ステップが必要なことを実行できるように、すべての入力に必要な値があることを確認することをお勧めします。

生成された結果のエクスポート

NS iOS用Xcodeテスト ステップは.xcresultバンドルを生成し、それをEnvVarで設定された場所にエクスポートします $BITRISE_XCRESULT_PATH

xcovなどの一部のツールは、デフォルトの場所ではなく、デフォルトの場所で結果バンドルを検索することに注意してください。 $BITRISE_XCRESULT_PATH。このため、これらのツールを使用するとビルドが失敗します。 EnvVarによって設定された場所でバンドルを検索するように構成する必要があります。 xcovのセットアップ例を次に示します。

xcov.report(
  scheme: 'ExampleScheme',
  workspace: 'example.xcworkspace',
  xccov_file_direct_path: ENV['BITRISE_XCRESULT_PATH'],
  include_targets: 'Example.app,ExampleShared.framework,ExampleWidget.appex'
)

次の必要な入力を確認してください iOS用Xcodeテスト ビルドを実行する前の手順。これらの入力は、ステップが実行するテストの種類を決定します。

  • スキーム名:使用するスキームは、Xcodeで共有としてマークする必要があります!

  • 端末:Xcodeのデバイス選択ドロップダウンメニューに表示される値に設定します。

  • OSバージョン:Xcodeのデバイス選択ドロップダウンメニューに表示される値に設定します。

  • プラットホーム:Xcodeのデバイス選択ドロップダウンメニューに表示される値に設定します。

ヘッドレスモード

Xcode 9以降、テストはデフォルトでヘッドレスモードで実行されます。これは、シミュレーターがバックグラウンドでのみ実行されることを意味します。変更するには、ステップのデバッグ入力グループに移動して、 ヘッドレスモードでテストを実行しますか? 入力の値を no。ただし、このオプションを使用すると、テストに時間がかかります。

xcprettyの使用

xcpretty出力ツールは並列テストをサポートしていません。プロジェクトで並列テストが有効になっている場合は、ステップのデバッグ入力グループに移動して、 出力ツール xcodebuildへの入力の値。

失敗したテストの再実行(Xcode 13では使用できません)

NS 失敗時にテストを再試行する必要がありますか? (Xcode 13以降では使用できません) に入力 デバッグ のセクション iOS用Xcodeテスト ステップを使用すると、失敗したテストだけでなく、すべてのテストを自動的に再実行できます。この入力をに設定した場合 yes、ステップが実行されます xcodebuild テストが失敗した場合はもう一度。

Xcode13以降から 失敗時にテストを再試行する必要がありますか? (Xcode 13以降では使用できません) この機能はご利用いただけなくなりました。使用することをお勧めします テスト繰り返しモード(Xcode 13以降で使用可能) で入力 retry_on_failure オプションが選択されました。これにより、すべてのテストを実行する代わりに、失敗したテストのみを再実行できます。このテスト繰り返し機能は、 iOS用Xcodeテスト バージョン3.0.0以降からのステップ。

テストの繰り返し

Xcodeのテスト繰り返しモード で利用可能です iOSステップのXcodeテスト BitriseでXcode13以降を実行しているスタック。テストの繰り返しを使用すると、失敗時の再試行、失敗するまで、最大繰り返しまでなど、さまざまな方法で任意のタイプのテストを複数回実行できます。

NS iOS用Xcodeテスト ステップの テスト繰り返しモード(Xcode 13以降で使用可能) inputには、次のオプションがあります。

  • none:テストは繰り返されません。

  • until_failure:テストが失敗するまで、または最大の繰り返しになるまで、テストを繰り返します。デフォルトのテスト実行回数は3回です。

  • retry_on_failure:失敗したテストは、成功するまで、または指定した繰り返し回数になるまで実行されます。テストのデフォルトの繰り返し回数は3回です。

  • up_until_maximum_repetitions:テストの結果に関係なく、最大のテスト繰り返しに達するまで、すべてのテストを再実行します。

これらのオプションはからのみ利用可能であることに注意してください iOS用Xcodeテスト バージョン3.0.0以降。

とともに 最大テスト繰り返し(Xcode 13以降で利用可能) 入力では、テストの最大繰り返し回数を指定できます。次の場合は、1よりも大きい数を追加する必要があることに注意してください。 テスト繰り返しモード(Xcode 13以降で使用可能) 入力が以外に設定されている none

有効にする 各繰り返しの再起動テスト(Xcode 13以降で利用可能) 繰り返しごとにまったく新しいプロセスでテストを起動するための入力。