GitHub

Bitrise CLIのインストールと更新

Bitrise CLIのインストールは非常に簡単です。これは、いくつかの方法で取得できる単一のバイナリとして配布されます。必要なのはダウンロードして実行可能な状態にするだけです。手順を見ていきましょう!

Bitrise CLIをcURLでインストールする

  1. bashシェルで次のコマンドを実行します:

     curl -fL https://github.com/bitrise-io/bitrise/releases/download/1.21.0/bitrise-$(uname -s)-$(uname -m) > /usr/local/bin/bitrise
    

        Bitrise CLIの最新リリースは、releases ページで確認できます。

  2. ダウンロードしたバイナリを実行可能な状態にします:

     chmod +x /usr/local/bin/bitrise
    
  3. bitrise setup を実行します。これにより、Bitriseの実行に必要なものがすべてインストールされているかどうかが確認されます。これをスキップすると、CLIは最初に bitrise run を呼び出す際にセットアップを実行します。

いずれの場合でも、 bitrise setup はインストールを検証するためにいつでも呼び出すことができます。

HomebrewでBitrise CLIをインストールする

あなたのMacに Homebrew パッケージマネージャがインストールされていれば、それを使ってBitrise CLIをインストールすることができます!

  1. あなたのMacで Terminal アプリを開き、次のコマンドを実行します:

     brew update && brew install bitrise
    
  2. bitrise setup を実行します。これにより、Bitriseの実行に必要なものがすべてインストールされているかどうかが確認されます。これをスキップすると、CLIは最初に bitrise run を呼び出す際にセットアップを実行します。

Bitrise CLIのアップデート

Bitrise CLIのアップデートは非常に簡単で、HomebrewまたはGitHub releaseからインストールした場合は手間がかかりません。

シンプルに bitrise update を実行してください。たったこれだけです! CLIは毎日1回更新を確認し、新しいバージョンがあるとすぐに通知します。