GitHub

最初のビルドを実行する

Bitriseビルドを実行するために必要なものは2つだけです:

  1. Bitrise CLI - インストールガイド
  2. ビルド設定 (bitrise.yml)

Bitrise CLIをインストールしたら、あとはビルドの設定ファイル bitrise.yml を作成するだけです(インストール状況を確認するためには bitrise setup を実行します)。 これで準備完了です!

もしあなたが bitrise.io を使用している場合は、そこから bitrise.yml をダウンロードし、ローカルで実行することができます。 bitrise.ymlbitrise.io に登録したアプリケーションのワークフローエディタを開き、bitrise.yml セクションを開くと見つけることができます。

もし bitrise.yml ファイルを自分で作成したい場合は、プロジェクトのルートに bitrise.yml ファイルを作成してください。 これを bitrise.yml の基本設定として使うことができます:

format_version: 1.3.1
default_step_lib_source: https://github.com/bitrise-io/bitrise-steplib.git

app:
  envs:
  - MY_NAME: My Name

workflows:
  test:
    steps:
    - script@1.1.3:
        inputs:
        - content: echo "Hello ${MY_NAME}!"

このビルドを実行するには、ターミナルまたはコマンドラインを開き、bitrise.yml を保存した場所まで cd で移動して bitrise run test を実行してください。

これで終わりです。Bitrise CLIを使った最初のビルドを実行できました!

さらに詳しくBitrise CLIと bitrise.yml の設定方法について知るために、このドキュメントを読み進めてください。 あなたはすぐに多機能なビルドを作成し、実行することができるでしょう!