GitHub

Carthageの依存をキャッシュ

Carthageは、macOSやiOSのための依存関係管理ツールです。 依存先をビルドし、アプリで利用するためのバイナリフレームワーク作成します。 Bitriseでは、Carthageを動かすための専用STEPが用意されています。もちろん、Carthageのビルド結果をキャッシュすることが可能です。

Carthageのキャッシュ設定

Carthageの依存をキャッシュする手順:

  1. アプリの Workflow Editor を開きます。
  2. ワークフローに、Bitrise.io Cache:Pull ステップと Bitrise.io Cache:Push ステップがあることを確認してください。
  3. Carthage ステップの中にある Carthage command to run 項目に bootstrap コマンドを入力します。
  4. Bitrise.io Cache:Push ステップの中にある Cache paths 項目を開きます。
  5. Cache paths には、改行して新しい行を記載します。あなたの Carthage ディレクトリ へのパスと、Cartfile.resolved が変更された時にキャッシュを更新するための指定を行います。:

    ./Carthage -> ./Cartfile.resolved

Carthageディレクトリパス

もしCarthageディレクトリがrepositoryのrootに配置されていない場合は、Carthageディレクトリ / Cartfile.resolved 共に、repositoryのrootからみた相対パスを設定してください。