GitHub

シングルトリガーで並列ビルドを開始

複数の並行性がある場合は、複数のビルドを同時に実行できます。人生を可能な限り簡単にしたいので、ビルドはシングルトリガーで自動的に開始することができます。どのように機能するか見てみましょう!

この例では、シングルアプリの3つのワークフローが同時に実行されるように設定されています。これらのワークフローをTriggerBuildingTestingと呼びましょう。Triggerと呼ばれるワークフローはプルリクエストによってトリガーされ、ワークフローは同時に実行されるBuildingTestingをトリガーします。

すべてのワークフローは別々の「クリーンな」バーチャルマシンで実行されます。また、さまざまなタイプのスタックで実行することもできます:ワークフローのスタックを選択するには、アプリのWorkflow Editorに入り、Stackタブを選択します。

いずれかのビルドが失敗した場合、そのビルドは失敗したものと見なされます。ビルドがwebhookによって引き起こされた場合、Bitriseは要約されたビルド結果をGitホスティングプロバイダーに送信します。並列ビルドのいずれかが失敗すると、失敗ステータスが報告されます。

必要:

  1. ユーザー用のPersonal Access Tokenを作成します。

    Account settingsに行き、左側のSecurityオプションを選択します。 Generate newをクリックします。

    Access token 重要:コードが作成されたら、必ずコピーしてください。二度見ることはできません!

  2. アプリのWorkflow EditorSecretsタブでシークレット環境変数を作成し、トークンをバリューとして追加します。

    Secret env 秘密にしたいキーを自由に使用します。 $ACCESS_TOKENのような単純なものをお勧めします。

  3. Bitrise Start BuildステップをTriggerワークフローに追加します。 重要Bitrise Start Buildステップは、開始するすべてのビルドに環境変数を設定します_$SOURCE_BITRISE_BUILD_NUMBER。この手順で開始したアプリのすべてのビルドは、異なるワークフローで実行しても同じビルド番号になります。
  4. ステップのBitrise Access Token入力に個人的なaccess tokenを保存しているシークレットenvを追加します:Insert variableをクリックして、作成したキーを選択してください。

    Secret env

  5. ステップのWorkflows入力にBuildingTestingを追加します。

    Workflows input

  6. Triggerワークフローの最後のステップとして、Bitrise Wait for Buildステップを追加します。

    重要:このステップでは、ステップで定義されているビルドの状況を確認します。ビルドはBuild slugs入力で定義されます:スラッグは、Bitrise Start Buildステップの出力です。スラッグによって定義されたビルドが実行されている限り、ステップは実行されているビルドを保持し,ステップに含まれているいずれかのビルドが失敗すると、ビルドは失敗します。

  7. ステップのBitrise Access Token入力に個人的なアクセストークンを保存しているシークレットenvを追加します:Insert variableをクリックして、作成したキーを選択してください。

    Secret env

完了です! Triggerワークフローを起動すると、ワークフローのBitrise Start Buildステップが同時に実行されている2つのビルドが起動します。2つのビルドが成功した場合は、Bitrise Wait for Buildステップで最初のビルドが完了します。ビルドが成功したかどうかにかかわらず、シングルステータスレポートがgitホスティングプロバイダーに送信されます。