GitHub

Android Signステップを使ったAndroidコード署名

Android Sign ステップによるコードの署名

Bitriseの workflow にある Android Sign ステップにてAPKファイルに署名することができます。

Bitrise Project Scannerは Android Sign ステップが含まれる deploy workflow を提供します。 このステップを踏むことによって workflow に沿って APKの署名を行うことができます。すでに Bitrise に keystore ファイルがアップロードされている場合、このステップは自動的に行われます。 Code signing タブの Workflow Editor に keystore ファイルをアップロードするだけで大丈夫です。

このページでは、android-multiple-test-results-sample のデモアプリに沿ってコードの署名方法について説明します。

  1. bitrise.io にログインして、your app をクリックする。
  2. Bitrise DashboardWorkflow を選択する。
  3. Code signing を選択する。
  4. ANDROID KEYWSTORE FILEUpload file という箇所をクリック、またはファイルをドラッグしてアップロードする。

    Screenshot

  5. 次の3つの入力フォームに記入する: keystore passwordkeystore alias 、及び private key password

    Screenshot

  6. Save metadata を選択する。 アップロードされたファイルが SAndroid Sign Step に取り込まれる。

上記手段を踏むことで Bitrise に keystore ファイルがアップロードされ、BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL の環境変数に一時的に使用できる Read-only のダウンロードURLが設定されます。 このURLから今後のビルドで使用される keystore ファイルがダウンロードできます。workflow の Android Sign ステップはこの環境変数をウォッチし、セットされた場合、それが起動されます。

ファイルのダウンロード

File-downloader ステップの中にある GENERIC FILE STORAGE から keystore ファイル等のダウンロードが行えます。

keystore ファイルをダウンロードする為の一例

- file-downloader:

   inputs:

   - source: $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL

   - destination: "$HOME/keystores/my_keystore.jks" #native android#

このステップを踏んだ後、 my_keystore.jks$HOME/keystores/my_keystore.jks に格納されます。

deploy workflow を起動する

workflow は 手動でも 起動することができます。

  1. Builds ページにてアプリを開く。
  2. Start/Schedule a Build を選択する。
  3. 表示されたポップアップからWorkflow下の deploy を選択する。
  4. Start Build を選択する。

更に、workflow にトリガーを設定することによって、GIT event から起動させることもできます。

  1. Triggers タブを選択する。
  2. event (push/tag/pull) を設定し、deploy workflow を選択する。
  3. Done を選択し、Save で保存する。

次にリポジトリが設定されたトリガーに沿って変更された際、deploy workflow が開始されます。