GitHub

keystoreファイルのダウンロード

build.gradleファイル内にkeystoreファイルのファイルパスが定義されているが、そのkeystoreファイルそのものがパスが指し示す場所にない場合、Bitriseのfile downloadingステップを使うことでBitriseからkeystoreファイルのダウンロード及び定義した場所へ配置することができます。

BitriseにはCode Signingタブよりファイルのダウンロードを行えるステップが2つあります。どちらを使うかはCode Signingタブ内にアップロードしたkeystoreファイルの場所次第になります。

  1. ワークフローへFile DownloaderもしくはGeneric File Storageステップを追加します。このステップはGradle Runnerステップの前にきます。
  2. File Downloaderステップを使用する場合、以下の2つのインプット欄を埋めてください:
    • Download source urlCode SigningタブのANDROID KEYSTORE FILEセクションへファイルのアップロードを行うときに、取得した生成されたkeystoreのURLを設定してください。
    • Download destination path:関連したパスとしてkeystoreファイルのロケーションを設定してください。このパスはbuild.gradleファイルにおいて定義済みのkeystoreパスと同じである必要があります。

      (例:file://$HOME/keystores/project_release.keystore)

  3. ファイルダウンロードステップの直後にGradle Runnerステップを追加します。

build.gradleファイルで明記した同じロケーションへkeystoreファイルのダウンロードを行うステップの追加が成功した場合、ワークフローへAndroid Signステップの追加は必要ないのでご注意ください。BitriseのGradle Runnerステップがプロジェクトの署名と収集を行います。