GitHub

Xcodeプロジェクトでの署名付きIPAの作成

Bitriseでは、Xcodeプロジェクトでの署名つきIPAの作成を手軽に行えます。Xcode Archive & Export for iOS で入力の設定を行うだけです。

IPAをエクスポートする設定を行う前に、次の項目を確認してください。

準備ができたら、ワークフローでIPAのエクスポートの設定を進めましょう。

  1. Xcode Archive & Export for iOS がワークフローエディタにあることを確認し、ステップを選択します。

  2. Select method for exportをセットし、使いたいCode Signingの種類を選びます。

    Select export method for Xcode Archive for iOS

    Automatic Provisioningを使う場合は、iOS Auto ProvisioningDistribution typeの値が一致していることを確認してください。オプションには次のものがあります。

    • auto-detect - このオプションは非推奨で、削除予定です。

    • app-store

    • ad-hoc

    • enterprise

    • development.

  3. ワークフローを保存し、新しいビルドを開始します。

以上です。Xcodeは、プロジェクトのBundle IDやTeam ID、設定したエクスポート方法をもとに、正しいSigningファイルを自動で選択します。

違うチームの署名ファイルを用いる場合(例えば、会社のCode Signingを社内用ビルドに用いており、App storeでの配布はクライアントのCode Signingを利用する)、Select method for exportにあるThe Developer Portal team to use for this exportのオプションを設定します。