GitHub

iOSコード署名ファイルの管理 - 自動プロビジョニング

bitrise.ioでコード署名ファイルを管理しましょう。自動プロビジョニング, 自動ダウンロードを使えばあなたのプロジェクトにとって必要なプロビジョニングプロファイルを自動で生成することができます。

iOS Auto Provision のステップでプロビジョニングプロファイルを管理するためには.p12証明書ファイルを手動でbitrise.ioにアップロードしなければなりません。

配布用と開発用の証明書をアップロードしてください。

配布用と開発用両方の証明書をプロジェクトへアップロードすることを強くお勧めします。二つのうちどちらかが欠けていたいた場合は欠けている方のIPAを生成することはできません。

r />

自動プロビジョニングの設定をする前に以下のことを確認してください:

iOS Auto Provision

iOS Auto ProvisionはXamarinアプリには対応していません。

r />

一旦準備ができたらファイルをアップロードしワークフローの設定を進めましょう。

  1. アプリのDashboardを開いてください。
  2. Workflow Editorを選択します。
  3. Code Signingを選択します。
  4. p12証明書がアップロードされているか確認して下さい。もしまだであれば .p12ファイルを`Add the private key (.p12) for signing’フィールドに追加してください。

    (MacOSのプロジェクトではプロビジョニングプロファイルは.provisionprofileという拡張子になります。iOSプロジェクトであれば.mobileprovisionという拡張子になります。)

  5. Certificate and profile installerステップがワークフローの中に含まれていないか確認してください。もしiOS Auto ProvisionCertificate and profile installerのステップの両方がワークフローの中に含まれていた場合はビルドは失敗します。
  6. iOS Auto Provisionステップをワークフローに追加してください。Workflow Editorの中にあるWorkflowで確認することができます。

    iOS Auto Provisionはワークフローの中で依存関係を解消するインストールのステップの後に設置するようにして下さい。例えばRun CocoaPods installCarthageのようなものです。 iOS Auto ProvisionXcode Archive & Export for iOSのステップの間にXcode projectの設定の変更をしないようにして下さい。例えばiOS Auto Provisionのステップの後に bundle ID を変えるというようなことです。

  7. ステップに必要な項目を入力してください。
    • The Developer Portal team id - Membership Details page of your Apple Developer Portal accountで見つけることができます。
    • Distribution type - Xcode Archive & Export for iOS stepに入力されているSelect method for exportの値と同じであることを確かめてください。
    • Scheme - ビルド対象の処理を制限することができます。

任意項目としてXocdeの Automatically manage signing を使っている場合はShould the step try to generate Provisioning Profiles even if Xcode managed signing is enabled in the Xcode project?をtrueにすることでプロファイルを作成しようと試みます。もし手動でコード署名をする設定にしているのであれば特に効果はありません。

もしcodesigndocが一つも配布用の.p12ファイルを取り出さないのであれば、これらのファイルを違うMacへ移動させる時と同じようにKeychain Access appを使って手動で取り出すことができます。