GitHub

コード署名ファイルの保護

コード署名ファイルをProtectedモードに設定することができます。これにより、bitrise.ioアカウントからダウンロードすることはできなくなります。ビルドではもちろん、これらの保護されたファイルを使えます。しかし、ファイルを保護すると、誰もそれを見ることはできません。上書きする唯一の方法は、現在のファイルを削除して新しいファイルを作成することです。

  1. Dashboardでアプリを選択してください。
  2. Workflowタブを選択します。
  3. Code Signingタブを選択します。
  4. 保護するファイルを探し、ドロップダウンメニューを開きます。

    コード署名ファイルを保護する

  5. Make protectedオプションを選択します。

    ポップアップウィンドウが表示されたら、この変更は確認後元に戻すことができません。 変更を個別に保存する必要はありません。

完了後、ファイルのドロップダウンメニューの唯一のオプションは Deleteになります。