GitHub

Androidアプリのデプロイ

このガイドでは、bitrise.ioにAndroidプロジェクトを追加する方法とプロジェクトからGoogle Play StoreへビルドしたAPKをデプロイする方法を説明します。そしてこのチュートリアルでは一例としてsample-apps-android-googleplayアプリを使って紹介します。

このガイドでは、以下の方法を学ぶことができます:

bitrise.ioでAndroidプロジェクトの作成

最初のプロジェクトのセットアップ

  1. Google Play Developer Accountを登録します。既にアカウントをお持ちであれば、アプリのGoogle Play Storeへのデプロイは完了しているのでGoogle Play APIアクセスのセットアップに移ってください。
  2. 準備と公開のステップに進みます。

Google Play APIアクセスのセットアップ

  1. Creating a new API projectもしくはUsing an existing API projectのいずれかを使ってAPIプロジェクトをリンクします。
  2. サービスアカウントを使ってAPI Access Clientsをセットアップし、そのサービスアカウントにRelease managerロールを付与します。
  3. 後ほど必要になるので、この時点でサービスアカウントのダウンロード済みJSONキーを保存します。

さらなる情報が必要な場合、Google Play Developer APIガイドを参照してください。

これでGoogle Play Consoleプロジェクトの準備が整いました。リリースを行うのが認可されたservices credential accountが作成が完了しています。

Deploying to bitrise.io

bitrise.ioへデプロイ

Deploy to bitrise.io - Apps, Logs, Artifactsステップは全ての生成されたアーティファクトをビルドに添付し、ビルドページのAPPS & ARTIFACTSタブへアップロードします。デフォルトではEnable public page for the App?インプット欄の値がtrueになっています。この方法により、一旦ビルドが走ると、公開インストールページの長くてランダムなURLが利用可能になるので、Bitriseに登録していない人とでも共有することができます。

ロールやメールアドレスを明記することでAPKファイルがビルドされたことをユーザーグループや個人ユーザーに通知することができます。インプット欄に以下の項目をセットすればアプリの公開インストールページを共有することができます:

  1. Deploy to bitrise.ioステップに進みます。
  2. Notify: User Rolesインプット欄にロールを追加(例:testersdevelopersadmins)することで特定のロールで認可された人のみが通知を受け取る事ができます。
  3. もしくはNotify: Emailsインプット欄にURLを送付したいユーザーのメールアドレスを入力します。secret env varsとしてメールアドレスをセットしてあるか確認してください。APPS & ARTIFACTSタブ内の生成されたAPKファイルの隣りにあるeyeアイコンをクリックすれば、これらの詳細をNotificationsで修正することができます。Open Public install pageをクリックしてURLを確認できます。

Google Play Storeへのデプロイ

  1. Log in to bitrise.io.
    bitrise.ioにログインします。
  2. プロジェクトを選択してWorkflow Editorに進みます。
  3. Workflow EditorCode Signingタブを開きます。
  4. GENERIC FILE STORAGEへサービスアカウントJSONキーをアップロードします。
  5. アップロード済みファイルのURLを保存しているenvキーをコピーします。例:BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL
  6. Workflow Editorに戻りワークフローの最後にGoogle Play Deployステップを追加します。
  7. Fill out the required input fields which are:
    インプット欄に以下の項目を記入します:
    • Service Account JSON key file path:この欄ではリモートURLを受理するのでアップロード済みのサービスアカウントJSONキーが含まれる環境を入力します。例えば:$BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL
    • Package name:Androidアプリのパッケージ名
    • Track:APKをデプロイしたいトラックの場所(alpha/beta/rollout/production)

最終的な構成はこのように見えます:

workflows:
deploy:
  steps:
  - activate-ssh-key@3.1.1:
      run_if: '{{getenv "SSH_RSA_PRIVATE_KEY" | ne ""}}'
  - git-clone@4.0.11: {}
  - cache-pull@2.0.1: {}
  - script@1.1.5:
      title: Do anything with Script step
  - install-missing-android-tools@2.1.1: {}
  - android-build@0.9.4:
      inputs:
      - project_location: $BITRISE_SOURCE_DIR
      - module: "app"
  - sign-APK@1.2.0: {}
  - google-play-deploy@1.5.0:
      inputs:
      - package_name: io.bitrise.googleplay
      - service_account_json_key_path: "$BITRISEIO_SERVICE_ACCOUNT_JSON_KEY_URL"
      - track: alpha
  - deploy-to-bitrise-io@1.3.12: {}
  - cache-push@2.0.5: {}

これでワークフローがアプリを自動的にGoogle Play Storeへデプロイができる準備が整いました。一旦アプリがテストされ生成されると、Google Play Storeにアップロードすることができます。