GitHub

単一ワークフローでの複数のフレーバーAPKの生成とデプロイ

BitriseのGradle Runnerステップを使って、単一ワークフロー内で複数のフレーバー(マルチフレーバー)APKの生成、コード署名、ならびにデプロイを行うことができます。フレーバーとは、アプリのコアコードを機能拡張して同じアプリを異なるバージョンにすることを意味します(標準的な例:free/paid、demo/full)。詳しい情報は公式Android Studioガイドにあるbuild types, flavors and build variantsを参照してください。このチュートリアルでは、Sign APKGoogle Play Deployステップでの設定方法を紹介します。

マルチフレーバーAPKの生成

Androidデプロイワークフローをお持ちであれば、次のことを行ってください:

  1. Androidテストステップの後にGradle Runnerステップを挿入します。Android Buildステップは一つのバリアントのみのビルドを行うので、このステップがあなたのワークフローの一部である場合、BitriseのGradle Runnerステップに変更することをおすすめします。
  2. ステップのConfigセクションをクリックします。
  3. assembleGradleタスクを明記します。ビルドバリアントのタスク名をGradle task to runステップの入力欄に追加してください(単一ワークフローでビルドを行いたいビルドバリアントの数と同様の数のタスク名である必要があります)。タスク名それぞれがAndroid StudioのBuild Variantウィンドウでリストアップした全く同じビルドバリアント名であることを確認してください。スペースを使ってそれらを分けることができます(,は要りません)!下のイメージではデプロイワークフローのステップの順番、ならびに、2つのビルドバリアントを使ったGradle Task to runステップインプットを確認できます。

    assembleDemoassembleFull

  4. Gradle Runnerは、上のGradle task to runステップで設定した全てのビルドバリアントを含んだ $BITRISE_APK_PATH_LIST環境変数出力を生成します。この環境変数出力は後ほど必要になります!

マルチフレーバーAPKの署名とデプロイ

  1. Gradle Runnerステップの後にSign APKステップを追加します(ワークフローにない場合)
  2. apk path 入力欄に$BITRISE_APK_PATH_LISTをセットします。これは全ての必要なAPKが、Code Signingタブへアップロード済みのkeystoreファイルを伴ったコードの署名を行うことを確実にします。keystoreファイルをbitrise.ioへのアップロード方法をご覧ください。このステップは全ての署名済みビルドバリアントをリストアップした$BITRISE_SIGNED_APK_PATH 環境変数出力をエクスポートします。
  3. Sign APKステップで以下の入力欄に記入してください:
    • Keystore url
    • Keystore password
    • Keystore alias
  4. Sign APKステップの後にGoogle Play Deployステップを追加します。
  5. APK or APP Bundle file pathステップの入力欄に$BITRISE_SIGNED_APK_PATH 環境変数を設定します。そうすることにより、Google Play Deploy が全てのビルドバリアントをアプリストアへリリースすることができます。