GitHub

シミュレータ用iOSアプリのデプロイ

iOSアプリケーションをブラウザで表示するなど、あなたのiOSアプリをシミュレータへビルドやデプロイを行えます。Bitriseでは、シミュレータ用ビルドを行う専用ステップがあります:Xcode build for simulatorステップは、iOS simulator destinationを使ってxcodebuildコマンドを実行したり、.appファイルの生成を行います。

.appファイルはどんなシミュレータにおいても作動します。Bitriseには、Appetize.ioにアプリをアップロードするステップ (Appetize.io deploy) があります。このステップを使えば、アプリのデプロイを行えることができ、ブラウザ上で走らせることが可能です。

シミュレータ用アプリのビルドは、コード署名ファイルは必要ありません!

シミュレータ用アプリのビルド

  1. アプリのWorkflow Editorにログインして開きます。
  2. ワークフローにXcode build for simulatorを追加します。

    このステップは依存関係のインストールを行うステップ(例:Run Cocoapods install)の後に配置してください。

  3. ステップに必要なインプットを記入します。

    • Project (or Workspace) path: プロジェクトの.xcodeproj.xworkspace ファイルへのパスを表します。デフォルトでは、Bitriseにアプリを追加する際、環境変数に保存されます。
    • Scheme name: プロジェクトのXcodeスキームを表します。デフォルトでは、Bitriseにアプリを追加する際、環境変数に保存されます。
    • Simulator: アプリを実行したいデバイスの種類を表します。Xcode内のdevice selection menuに表示されるので、それを正確に設定してください。
    • OS version: アプリを実行したいデバイスのオペレーティング・システムのバージョンを表します。デフォルト値はlatestになっています。
    • Platform: アプリを実行したいプラットフォームを表します。デフォルト値はiOSとなっています。シミュレータインプットとプラットフォームインプットの値が互換していることを確認してください:例えば、シミュレータをApple TV 1080pとセットするなら、プラットフォームをtvOSと設定してください。

このステップは以下のアウトプットを生み出します:

Appetize.ioへのアプリのデプロイ

BitriseのXcode build for simulatorステップを使ってビルドされた.appファイルはどんなシミュレータにおいても動作します。けれども、ブラウザでアプリを実行できるシミュレータへ簡単に・素早く統合させたい場合、Appetize.io deployステップを使用することをおすすめします。このステップはアプリをAppetize.ioにアップロードし、ブラウザでそのアプリを使うことができる公開URLを提供します。

  1. Appetize.ioのAPIトークンをリクエストします。
  2. アプリのWorkflow Editorにログインして開きます。
  3. ワークフローにXcode build for simulatorステップの追加・構成を行います。
  4. ワークフローにAppetize.io deployステップを追加します。

  5. Appetize.io tokenインプットにAppetize.io APIトークンを追加します。
  6. Application pathインプットに.appファイルへのパスを入力します。最も簡単な方法として BITRISE_APP_DIR_PATH_LIST 環境変数を使用すれば、それがXcode build for simulatorステップのアウトプットになります。任意ですが、より効率的なデバッグとしてverbose loggingを有効にすることもできます。

Appetize.io deployステップは一つのアウトプットを生み出します:APPETIZE_APP_URL 環境変数です。これは公開URLであり、そこからアプリへアクセスすることができます。