GitHub

Bitrise.ioへiOSアプリのデプロイ

アプリをBitriseへデプロイすることは、.ipaファイルをダウンロードしたり、そのアプリのDevelopment Provisioning Profileに指定されたデバイスでインストールすることができます。この方法により、内部テスターが簡単にアプリのテストを行えます。

始める前に

かどうか確認してください。

My message

iOSアプリをデプロイするには、常にDeveloperタイプの証明書とDevelopmentタイプのプロビジョニングプロファイルが必要になります。App Storeへデプロイするしないにかかわらず、それらは必要になります:.ipaファイルのエクスポートの過程において、与えられたコードから.xcodearchiveファイルを作成するのに使用されます。

アプリのデプロイ

  1. ワークフローにCertificate and profile installerステップまたはiOS Auto Provisionステップがあることを確認してください。両方は使わないでください!
  2. ワークフローにXcode Archive & Export for iOSステップがあることを確認してください。
  3. Select method for exportステップのインプットをdevelopmentに設定します。

    他のエクスポート方法も使うことができますが、Bitriseへのみデプロイを実行し、アプリを内部テスターの指定されたデバイスへインストールを行いたいのであれば、developmentが効率的です。

  4. ワークフローにDeploy to Bitrise.ioステップがあることを確認してください。デフォルトでは、Enable public page for the App?インプットの値がtrueに設定されています。この方法では、一旦ビルドが実行されると、公開インストールページが利用可能になります。長くてランダムなURLなので、Bitriseに登録していない人との共有を行えます。このURLはメールでユーザーに送られます。Notify: User RolesNotify: Emails インプットで誰がそのメールを受け取るのか確認できます。
  5. ビルドを開始します。
  6. ビルドが終了したら、アプリのBuildsページへ進み直近のビルドをクリックします。
  7. APPS & ARTIFACTSタブをクリックして.ipaファイルを探します。
    ここで公開インストールURLも見つけることができます。

完了です!これでファイルがアプリのプロビジョニングプロファイルに含まれるすべてのデバイスにおいてインストールされます。