GitHub

ワークフロー

Bitriseワークフローは複数のステップの集まりです。アプリのビルド時に、ステップがワークフローで定義されたステップが実行されます。ワークフローは次の2つの方法で、作成と変更ができます。

どちらの方法でも結果的にbitrise.ymlを変更することになります - Workflow Editor(ワークフローエディタ)を使う方法の方がよりシンプルで易しいです!

デフォルトでは、1つのビルドに1つのワークフローが対応しています。しかし、ワークフローの連結を設定して、連続して実行することも可能ですし、複数のワークフローのトリガーを設定して同時に実行することも出来ます。

デフォルトワークフロー

bitrise.ioにアプリを追加すると、2つのワークフローが作成されます。primary(プライマリ)ワークフローとdeploy(デプロイ)ワークフローです。webhookが設定されている場合、デフォルトでは、プロジェクトのコードの変更があるたびにprimary(プライマリ)ワークフローのトリガーが実行されます。

特定のイベントが発生するたびに、他の任意のワークフロー(deploy(デプロイ)ワークフローを含む)が実行されるように、トリガーを設定することができます。詳しくは、ビルドトリガーについてより詳しく知るをお読みください。

primary(プライマリー)ワークフロー

primary(プライマリー)ワークフローは、新しいアプリの追加時に自動的に作成されます。アプリを追加する処理が完了すると、Bitriseは自動的に初回のビルドを実行します: このビルドは、primaryワークフローによって実行されます。

primaryワークフロー

primaryワークフローは、作成したアプリごとに同じではありません: プロジェクトの種類によって、含まれるステップが異なります。例えば、Androidプロジェクトのprimaryワークフローは、Install missing Android SDK components(不足しているAndroid SDKのインストール)Android LintAndroid Unit Testのステップを含むでしょう。ただし、primaryは”基本の”ワークフローであり、共通して以下のアクションを行います:

deploy(デプロイ)ワークフロー

deploy(デプロイ)ワークフローは、新しいアプリの追加時に自動的に作成されます。いくつかの点でprimaryワークフローと似ています。

deploy(デプロイ)ワークフローは、”build”ステップを含み、ビルドが成功した場合に、オンライン上でインストールもしくはデプロイが可能な成果物を作成します。例えば、Androidプロジェクトのdeployワークフローは、Gradleでのビルドを実行するAndroid Buildステップや、Google Playへのデプロイや検証端末へのインストールが可能な署名済み.apkファイルを作成するAndroid Signステップを含みます。

独自のワークフローを作成する

ワークフローエディターを使って、とても簡単に独自のワークフローを作成できます。 既存のワークフローをベースにして新しいワークフローを作成することも、空のワークフローを作成してステップを追加することもできます。

例えば、primaryワークフローをベースにしてワークフローを作成した場合、primaryワークフローと全く同じステップになります。

  1. Workflowタブをクリックしてください。変更の保存または破棄をすることなく、ワークフローエディタを終了できないことに注意してください。
  2. + Workflowをクリックしてください

    ワークフローの作成

  3. 新しいワークフローのベースに使用するワークフローを選択してください。

    新しいワークフローを追加

  4. ワークフローに必要なステップを追加してください。任意の位置にステップを挿入するには、導入したいステップの間の+マークをクリックしてください。
  5. 左上隅にあるSaveをクリックしてください。

    ワークフローの保存

ワークフローの連結

複数のワークフローを連続して実行するように設定することができます。いつでも、ワークフローの順番を並び変えることや、新しいワークフローを”チェーン”に加えることや、既存のワークフローを削除することができます。

Bitrise Start Buildステップ

このガイドの説明にしたがってワークフローの連結を行う場合、全てが同じバーチャルマシン上で実行されることに注意してください。ただし、このガイドの説明にしたがってBitrise Start Buildステップを使う場合、それぞれのワークフローは別のバーチャルマシン上で実行されます。

  1. Workflowタブをクリックしてください。変更の保存または破棄をすることなく、ワークフローエディタを終了できないことに注意してください。
  2. 左のWORKFLOWメニューを開き、ワークフローを選んでください。デフォルトは、primaryワークフローです。選択中のワークフローの前または後にワークフローを連結することができます。

    ワークフローの選択

  3. 選択中のワークフローの前に追加した場合はAdd Workflow beforeをクリック、後に追加した場合はAdd Workflow afterをクリックしてください。

    ワークフローの連結

  4. 右上隅にあるSaveをクリックしてください。

ワークフローの組み替え

作成した”チェーン”は、ドラッグ&ドロップで簡単に順番を変更できます。

  1. Workflowタブをクリックしてください。変更の保存または破棄をすることなく、ワークフローエディタを終了できないことに注意してください。
  2. 左のWORKFLOWメニューを開き、”チェーン”に含まれるワークフローを選択してください。
  3. Rearrangeをクリックすると、チェーンのワークフローの組み替えができるドラッグアンドドロップメニューが表示されます。

    ワークフローの組み替え

  4. 右上隅にあるSaveをクリックしてください。

ワークフローの名前の変更

ワークフローの名前は必要に応じていつでも変更できます: すぐに簡単にできます。

  1. Workflowタブをクリックしてください。変更の保存または破棄をすることなく、ワークフローエディタを終了できないことに注意してください。
  2. 左のWORKFLOWメニューを開き、ワークフローを選んでください。
  3. ワークフロー名の隣にあるRENAMEをクリックしてください。

    ワークフローの選択

  4. 新しいワークフロー名を入力し、チェックマークをクリックして保存してください。
  5. 右上隅にあるSaveをクリックしてください。