GitHub

デフォルトワークフロー

bitrise.ioにアプリを追加すると、2つのワークフローが作成されます。primary(プライマリ)ワークフローとdeploy(デプロイ)ワークフローです。webhookが設定されている場合、デフォルトでは、プロジェクトのコードの変更があるたびにprimary(プライマリ)ワークフローのトリガーが実行されます。

特定のイベントが発生するたびに、他の任意のワークフロー(deploy(デプロイ)ワークフローを含む)が実行されるように、トリガーを設定することができます。詳しくは、ビルドトリガーについてより詳しく知るをお読みください。

primary(プライマリー)ワークフロー

primary(プライマリー)ワークフローは、新しいアプリの追加時に自動的に作成されます。アプリを追加する処理が完了すると、Bitriseは自動的に初回のビルドを実行します: このビルドは、primaryワークフローによって実行されます。

primaryワークフロー

primaryワークフローは、作成したアプリごとに同じではありません: プロジェクトの種類によって、含まれるステップが異なります。例えば、Androidプロジェクトのprimaryワークフローは、Install missing Android SDK components(不足しているAndroid SDKのインストール)Android LintAndroid Unit Testのステップを含むでしょう。ただし、primaryは”基本の”ワークフローであり、共通して以下のアクションを行います:

deploy(デプロイ)ワークフロー

deploy(デプロイ)ワークフローは、新しいアプリの追加時に自動的に作成されます。いくつかの点でprimaryワークフローと似ています。

deploy(デプロイ)ワークフローは、”build”ステップを含み、ビルドが成功した場合に、オンライン上でインストールもしくはデプロイが可能な成果物を作成します。例えば、Androidプロジェクトのdeployワークフローは、Gradleでのビルドを実行するAndroid Buildステップや、Google Playへのデプロイや検証端末へのインストールが可能な署名済み.apkファイルを作成するAndroid Signステップを含みます。