GitHub

組織内のSAML SSO

組織のメンバーであれば、ご自身のSAML SSOプロバイダシステムを使ってBitriseへログイン・サインアップすることができます。SAML SSOがあれば、ご自身のBitrise組織へアクセスする際、組織はSAML SSOプロバイダのセキュリティガイドラインを適用することが可能です。

ここでは以下のトピックについて説明いたします:

組織にSAML SSOを接続する前に

以下の点についてご留意ください:

  • Bitriseへ接続が可能なSAML SSOプロバイダ(アイデンティティ・プロバイダ)を持っていること
  • Bitriseのご自身のアカウントに組織があること。組織がない場合、作成してください。SAML SSOのセットアップはBitrise上のすでに存在する組織や新しい組織と同じになります。
  • 他の組織マネジメントアクションと同じで、組織オーナーだけがBitrise組織へSAML SSOのセットアップが行えます。

Bitrise組織のSAML SSOのセットアップ

このチュートリアルでは、組織オーナーによるSAML SSOのセットアップ方法とメンバー個人個人の組織内の接続をセットアップするために必要な組織メンバーを招待する方法を説明します。

  1. bitrise.io上にある組織のSingle Sign On タブに進みます。
  2. Single Sign-On URLをコピーします。SAML SSOプロバイダサイトにBitriseを追加するのにこのURLが必要になります。
  3. ご自身のSAML SSOプロバイダにログインします。
  4. コピーしたSingle Sign-On URLを使ってBitriseを追加します。Bitrise上で必要になるSingle Sign-On(SSO)証明書をここで生成します。
  5. Single Sign Onタブより、Identity provider sign-on URLCertificateの欄に生成されたSSO証明書を追加します。
  6. Configure SSO のボタンをクリックします。

以上のステップをクリアすれば、あなたと組織のメンバーへSAML SSOがそれぞれの組織に接続が完了したことをお知らせする確認メールが送信されます。

SAML SSO の有効化

この時点で、組織のオーナーがSAML SSOのセットアップが完了できたら、組織のメンバー全員はSAML SSO経由で組織にログインする前に、SAML SSOを有効化しなければなりません。

  1. 全ての組織メンバーへBitriseが確認メールを送ります。このEメールにはSign In via SSO ボタンとURLが含まれています。組織のメンバーはSign In via SSOボタンをクリックするか、URLを使ってBitriseへのサインインを行ってください。

    このEメールでは組織オーナーのEメールアドレスも表示されます(オーナーに連絡を取る場合使用してください)。

  2. SAML SSOプロバイダサイトへページが切り替わるので、そこでBitrise組織と連携しているご自身のメールアドレスを入力します。

    SAML SSOプロバイダサイトにおいて、Bitriseで使用していない異なる(特定の組織と関係のない)メールアドレスを入力された場合、以下のようにエラーメッセージが表示されます。組織の正確なメールアドレスを使ってログインしてください。

  3. Allow "organization name" to sign you in ページへ遷移されます。

以上のステップが完了すると、Bitrise Dashboardへ進むことができます。

Bitrise上でSAML SSOステータスの確認

この時点で組織オーナーは組織のSAML SSOのセットアップが完了しました。全ての組織メンバー(オーナーを含む)がSAML SSOの有効化を完了すると、メンバー全員がSAML SSOステータスの確認ができるようになります。組織オーナーのみがアクセスできる他の機能もありますので、ここでは組織メンバーと組織オーナーそれぞれが何を閲覧できるのか説明していきます。

組織オーナー

  1. 組織のプロフィールページへ進みます。
  2. 左側のメニューよりSingle Sign On をクリックします。このSingle Sign On タブは組織オーナーのみが利用可能です。

    Review UsersDisable SSO ボタンを確認することができます:

    /img/disable-saml.jpg

    Disable SSO は全ての組織メンバーのSAML SSOを無効化します。いったん無効化されると、組織メンバーはいつもの方法でサインインができるようになります。組織メンバー個人はご自身のSAML SSOプロバイダサイトでのみ無効化されるのでご注意ください!
    Single Sign On タブからPeople タブへと進むとReview Usersへ進むことができ、そこでは組織メンバーのSAML SSOステータスを確認することができます。

組織メンバー

  1. 組織のプロフィールページへ進みます。
  2. 左側のメニューよりPeopleをクリックします。
  3. Membersの下にあるご自身の(もしくは他の組織メンバーの)SAML SSOステータスを確認してください。

SAML SSOの施行について

組織でSAML SSOを施行することによって、セキュリティレベルを上げることができます:Bitrise組織にご自身のセキュリティガイドラインを施行する事が可能です(例:パスワードフォーマットの要件、二要素認証など)。これはSAML SSOを組織へログイン・サインアップができる唯一の方法にすることができます。SAMLが施行された組織へ新たな組織メンバーを招待する際、新メンバーはその組織に加わるためにまずSAML SSOコネクションを有効にしなければなりません。

組織上でのSAML SSOの施行

一旦組織メンバー全員が組織に関連するSAML SSOを有効にすると、オーナーはシンプルなトグル操作だけで組織のSAML SSOを施行することができます。

  1. 組織のSingle Sign On タブへ進みます。
  2. 右側へトグルを動かしSAML SSOを施行します。
  3. Save Changesをクリックします。

組織のSAML SSOの施行ができない場合

オーナーが組織のSAML SSOを施行できない場合があります。それは、組織メンバーがまだメンバー自身のSAML SSOを有効化していないと発生します。

Bitriseアカウントを使ったSSO経由でのログイン

SAML SSOコネクションがすでに組織へ追加されていて、Bitriseからログアウトしている場合、簡単にあなたの組織へログインすることができます。

  1. BitriseログインページよりLogin via SSOをクリックします。

  2. Initiate Single Sign-on pageに切り替わります。
  3. 組織名を入力します。
  4. Continue to log inをクリックすると、ご自身のSSOプロバイダページに切り替わります。
  5. 組織と関連のあるEメールアドレスを入力して、SAML SSOプロバイダの説明に沿ってください。

有効期限の切れたSAML SSO証明書

SAML SSO証明書の有効期限が切れていてSAML SSO経由でBitriseにログインができない場合、Bitriseサポートチームにご一報ください。喜んでお手伝いいたします。

Bitriseアカウントを使わないSSO経由でのログイン

まだBitriseアカウントを持っておらず、組織オーナーがEメールにて組織への招待をしてきた場合、簡単にBitriseへのサインアップ、そして招待された組織へ入ることができます。BitriseのSign In via SSO Eメールは組織に特化しているので、数回のクリックでBitrise組織にアクセスすることができます!

  1. メールボックスよりBitriseからの招待メール (letsconnect@bitrise.io)を確認します。
    (組織オーナーからURLが送られてきた場合、新タブでリンクを開いてください。Almost there...ページへ遷移されるので、指示に従ってください。その後、Bitriseより確認メールが送信されますので、メールに添付されているリンクをクリックしてサインアップを完了してください。)
  2. Sign In via SSO をクリックするか、もしくは新タブにて与えられたURLをコピーして接続を承認します。そうするとご自身のSAML SSOプロバイダサイトにページが切り替えられます。
  3. ご自身のメールアドレスを入力します。(招待メールを受け取った同じメールアドレスにしてください。)
  4. SAML SSOプロバイダの説明に沿ってください。
  5. BitriseのAlmost there... ページに切り替わります。
  6. Bitriseで使用したいユーザーネームを入力します。
  7. Finish Signing Up をクリックし、サインアップを完了します。

以上のステップが完了すると、Bitrise Dashboardへ進むことができます。

SAML SSOの無効化

組織オーナーはSingle Sign On タブをクリックすることにより既成のSAML SSOを無効化することができます。IdPから誰かを削除する場合、Bitriseからも同じようにその組織メンバーの削除を行ってください。

組織のSAML SSOの無効化

  1. 組織のSingle Sign On タブへ進みます。
  2. Disable SSO をクリックします。

    確認のポップアップが出現するので、そこからアクションの承認・キャンセルを行います。Disable SSOボタンをクリックすると、全ての組織メンバーのSAML SSOが無効化されますのでご留意ください。完了すると、組織メンバーは普段使いのBitrise証明書を通じてログインすることができます。

Bitriseより組織のSAML SSOが無効化されたことを確認するEメール(letsconnect@bitrise.io)が送信されます。

組織メンバーのSAML SSOの無効化

組織メンバーの名前の隣りにあるxをクリックすると、組織からそのメンバーを削除することができます。ただ、そのメンバーのSAML SSOはまだ無効化されていないのでご注意ください。

  1. SAML SSOプロバイダサイトに進みます。
  2. 組織メンバーを無効化します。これをし忘れた場合、その組織メンバーはIDP接続を使うことにより再認証できてしまうのでご注意ください。