GitHub

Androidのユニットテスト

ユニットテストの実行

ユニットテストは、個々のコードブロックの確認を行いたい場合や、早期にバグやクラッシュを防ぎたい場合に便利です。

このチュートリアルでは、アプリに対してユニットテストを実行する方法と、primaryワークフローを使用してテストレポートを生成する方法について説明します。

幸運なことに、Androidのprimaryワークフローには、ユニットテストを実行するためのAndroid Unit TestステップとAndroid Lintステップが既に含まれています。

自作のステップやスクリプトを使用する

自作のステップやスクリプトを使用する場合、Deploy to Bitrise.ioステップは、デフォルトでは$BITRISE_DEPLOY_DIRディレクトリのファイル/ビルドアーティファクトをデプロイします。このため生成したアプリを上記ディレクトリに移動するか、deploy directory or file pathの欄にファイルビルド成果物の場所を入力してください。 指定したパスがディレクトリの場合、そのディレクトリ内のすべてのファイルがデプロイされることに注意してください。 指定されたディレクトリにサブディレクトリがある場合、それはアップロードされません! ディレクトリのコンテンツを再帰的にアップロードする場合は、Compressオプションを使用します。このオプションはサブディレクトリを含むディレクトリ全体を圧縮します。 最後に、ファイルパスを指定した場合は、指定されたファイルのみをデプロイします。

テストレポートの生成

Android Unit Testステップは、テストレポートを生成して$BITRISE_DEPLOY_DIRフォルダに出力します。Deploy to Bitrise.ioステップはそれらのレポートを$BITRISE_DEPLOY_DIRフォルダからそれぞれのビルドのAPPS & Artifactsタブ(bitrise.io)に出力します。これらのレポートはローカルコンピュータから閲覧・ダウンロードが可能です。

ビルドが失敗した場合のログを確認する

ビルドに失敗した場合は、Download logsをクリックしてください。 ログの最終行からエラーメッセージを確認し、それに応じてエラーを修正することができます。 作業が完了したら、変更をリポジトリにコミットすると新しいビルドが自動的に開始されます。