GitHub

Xamarinアプリのデプロイ

Xamarinアプリケーションの追加に成功した後に、デフォルトのワークフロー(ビルド設定)を作成します。 このワークフローは、デフォルトでDeploy to bitrise.ioステップを含んでいます。

デフォルトのワークフローでは、あなたのgitリポジトリに切り替えたあと、 アプリケーションのアーカイブを作成し、全てのアプリケーションファイル( ipa / apk ) をデプロイメントフォルダーに移動させます。 さらに、その後Deploy to bitrise.io ステップでBitriseにアプリケーションをアップロードします。

また、ただアプリケーションをアップロードするだけではなく、あなたのチームメンバーにメールを送ります。 そして、モバイルデバイスでそのメールを開き、アプリケーションをインストールすることができます。 また、メールアドレスを予め設定しておくことで、ビルドしたアプリケーションを任意のテスターに送信することが可能です。

他のデプロイメントサービスを利用したい、もしくはすでに使っている場合

デフォルトのBitriseのデプロイ手法に加えて、Bitriseには様々な他のデプロイサービスが存在します。 これによって、HockeyAppAppaloosaTestFairyDeployGate などのように、あなたはとても簡単に既存のワークフローを修正したり、好きなステップを追加できたりします。(利用可能なデプロイステップを確認するには、deployタグで検索できます。)

行うことは、ただDeploy to bitrise.ioステップの代わりもしくはそのステップの後に(多くは、.ipa.apkなどのデプロイ可能なファイルを作成するステップであるXamarin Archive の後に)、あなたの利用したい統合ステップを追加しパラメータの記入を行うだけです。

Xamarinプロジェクトにおけるより詳細なコード署名についての情報は、Xamarin Androidのためのコード署名署名されたXamarinプロジェクトの.ipaの作成を確認してください.

これを利用すると、ビルド始めるだけであなたの選んだサービスにアプリがデプロイされるようになります!