bitrise.io

GitHub webhookの追加

コードプッシュやプルリクエストなどのアクションを実行する度にBitriseがアプリケーションのビルドを自動的にトリガーするようにwebhookを指定できます。 GitHubの場合は、bitrise-webhooksのURLをGitHubリポジトリのWebフックとして登録するだけです。

ウェブフックは自動または手動で登録できます。このガイドでは、Webフックを手動で登録するプロセスについて説明します。

自動Webhook登録について

GitHubのwebhook URLを取得

  1. アプリのページのCodeタブにいき、INCOMING WEBHOOKSメニューのSETUP MANUALLYをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューからGitHubを選択します。

    GitHub webhookの追加

  3. 選択したサービスのWebhook URLをコピーします。

GitHubでwebhookを設定

  1. GitHubリポジトリに移動しSettingsを選択します。

    GitHub webhookの追加

  2. Webhooksの下のAdd webhookを選択します。

    GitHub webhookの追加

  3. GitHub Webhook URLをBitriseからPayload URLに貼り付けます。

    GitHub webhookの追加

  4. 同じページのLet me select individual eventsを選択します。

GitHub webhookの追加 5. Pull requestPushを選択します。準備ができたら、Add webhookを押してください。

GitHub webhookの追加