GitHub

Visual Studio webhookの追加

webhookのセットアップをすると、コードプッシュやプルリクエストなどといった特定のアクションを実行することによって、Bitriseが自動的にアプリのビルドをトリガーします。Visual Studioでは、visualstudio.comプロジェクトをService Hooks インテグレーションとしてbitrise-webhooks URLの登録が必要になります。

visualstudio.comのドキュメンテーションサイトより公式ガイドを確認する事ができます。

Visual Studio webhook URLの取得

  1. アプリページのCodeタブに進み、INCOMING WEBHOOKSメニューよりSETUP MANUALLY をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューより Visual Studio Online / Visual Studio Team Services を選択します。

    Screenshot

  3. 選択したサービスのwebhook URLをコピーしてください。

Visual Studio上でのwebhookのセットアップ

  1. visualstudio.comにてご自身のプロジェクトを開きます。
  2. project_の_Admin/Control panel へ進みます。
  3. Service Hooks を選択します。

    Screenshot

  4. Create subscriptionをクリックします。
  5. Service Integrationを作成します:
    • Serviceリスト上のWeb Hooksオプションを選択します。

      Screenshot

    • _Trigger on this type of event_はCode pushedを選択します。

      Screenshot

    • Filtersセクションでは、インテグレートしたいRepository を選択します。
    • 他のフィルターはデフォルトのままでも大丈夫です。
    • Nextをクリックします。
    • Actionの設定画面では、 bitrise-webhooks URL (.../h/visualstudio/BITRISE-APP-SLUG/BITRISE-APP-API-TOKEN) をURL欄に入力します。他のオプションはデフォルトのままでも大丈夫です。

      Screenshot

  6. Finishをクリックしてください。

これで完了です!次回以降にコードプッシュnew tagのプッシュが行われた場合、ビルドがトリガーされます(Bitrise上のイベントの定義されたTrigger mappingをお持ちの方のみ)。