Skip to main content

ドメイン制御とSCIM資格情報の構成

概要

The System for Cross-domain Identity Management (SCIM) specification is designed to make managing user identities in cloud-based applications and services easier. On Bitrise, SCIM provisioning is supported for Okta and Microsoft Entra ID.

SCIM プロビジョニングには、Bitrise 上の検証済みドメインと SCIM 資格情報が必要です。

On Bitrise, SCIM provisioning is supported for Okta and Microsoft Entra ID.

SCIM provisioning requires a verified domain, and SCIM credentials: a SCIM base URL and an authentication token. The process of configuring these on Bitrise is the same for both Okta and Entra ID:

ドメイン制御の構成

Bitrise ユーザーを管理する企業ドメインを追加して検証できます。 Bitrise では複数の検証済みドメインを持つことができますが、一度に追加できるドメインは 1 つだけです。 Bitrise は完全一致を期待するため、同じドメインの複数のサブドメインは異なるドメインとしてカウントされます。

  1. Bitrise にログインし、左側のナビゲーション バーにマウスを置きます。

  2. 正しいワークスペースが選択されていることを確認してください。

  3. 選択する 設定

    workspace-settings-new.png
  4. 左側で選択します シングル・サインオン

  5. を選択 SCIM タブ。

  6. の中に ドメイン制御 セクション、クリック ドメインの追加

  7. ダイアログボックスにドメイン名を入力し、クリックします。

    サブドメインの処理

    Bitrise はドメイン名が完全に一致することを期待します。サブドメインを使用する場合は、サブドメインの完全名を追加する必要があります。たとえば、あなたが所有している場合、 mydomain.com そのサブドメインを使用したい場合 external.mydomain.com, Bitrise でドメイン制御を設定するときに、サブドメインの名前を書き出す必要があります。

  8. ドメイン確認コードが表示されます。このコードをドメイン プロバイダーの DNS TXT レコードとして追加する必要があります。

  9. クリック コピーして閉じる をクリックして確認コードをコピーし、ダイアログ ボックスを閉じます。

ドメイン プロバイダーで DNS TXT レコードを追加した後、ドメインの検証を開始します。これには最大 72 時間かかる場合があります。完了するとメールが届きます。それが完了したら、SCIM 資格情報の設定に進むことができます。

SCIM資格情報の生成

入手したら Bitrise で設定された認証済みドメイン、Okta に接続するための SCIM 認証情報を設定できます。

  1. Bitrise にログインし、左側のナビゲーション バーにマウスを置きます。

  2. 正しいワークスペースが選択されていることを確認してください。

  3. 選択する 設定

    workspace-settings-new.png
  4. 左側で選択します シングル・サインオン

  5. を選択 SCIM タブ。

  6. の中に SCIM 資格情報 セクション、クリック SCIM認証情報の生成 をクリックして、SCIM 資格情報ダイアログ ボックスを開きます。

  7. SCIM 認証情報を保存します。ダイアログボックスには次の内容が表示されます。

    • SCIM のベース URL。

    • SCIM 認証トークン。

    両方をコピーして保存します。これらは SCIM プロビジョニングに必要です。