任意のステップからのテストレポートへのエクスポート

テストレポート 便利な方法ですべてのテスト結果を表示できます。デフォルトでは、5つ ステップ テストレポートアドオンをサポートします。

  • iOS用Xcodeテスト

  • Androidユニットテスト

  • iOSデバイスのテスト

  • Android用の仮想デバイステスト

  • フラッターテスト

他のステップで生成されたテスト結果をにエクスポートするには Bitrise.ioにデプロイします ステップ、2つのオプションがあります:

テスト結果をテストレポートアドオンにエクスポートするステップを使用する

結果を自動的にエクスポートしないステップを使用している場合でも、テスト結果をテストレポートアドオンステップにエクスポートして、テスト結果がテストレポートアドオンに表示されるようにすることができます。

正しい構成で、ステップはアプリのリポジトリでテスト結果を見つけ、それらをエクスポートディレクトリに配置します。

  1. 上のアプリのページに移動します bitrise.io

  2. に移動 ワークフロー ワークフローエディタを開きます。

  3. から ワークフロー メニューで、テストの実行に使用するワークフローを選択します。

  4. 追加します テスト結果をテストレポートアドオンにエクスポートする テストステップの後のステップ。

  5. の中に テストの名前 入力、テストの名前を設定します。テスト結果は、テストレポートアドオンでこの名前になります。

  6. の中に カスタムテスト結果が存在するパス 入力、テスト結果を見つけることができるパスを設定します。

    Managing an app's bitrise.yml configuration

    ここでフォルダを設定することをお勧めしますが、特定のファイルパスを設定することもできます。デフォルト値は、アプリのソースディレクトリです。パターンの例:

    • アプリのルートディレクトリがappの場合: app/build/test-results/testDemoDebugUnitTest/

    • テスト結果がアプリフォルダー内にあるが、アプリがルートディレクトリではない場合:./ app / build / test-results / testDemoDebugUnitTest /

  7. の中に テスト結果の検索パターン 入力し、テスト結果ファイルに一致するパターンを設定します。

    この検索パターンは、で設定されたパスのすべてのファイルとフォルダを検索するために使用されます カスタムテスト結果が存在するパス 入力。

    一致するものが複数ある場合、ステップは最初の一致をエクスポートし、警告をログに記録します。前の入力で特定のファイルパスを設定した場合は、ここで*を設定するだけです。

    パターンの例:

    • ベースパス内のすべてのファイルの照合: *

    • ベースパスの特定のディレクトリ内のすべてのファイルを照合します。 */build/test-results/testDemoDebugUnitTest/*

  8. の中に ステップのテスト結果ディレクトリ 入力し、パスが正しいことを確認してください。

    この入力の値は変更しないでください。これは、 Bitrise.ioにデプロイします ステップは、それらをエクスポートするためのテスト結果を探します。に設定する必要があります $BITRISE_TEST_RESULT_DIR 環境変数

  9. あなたが持っていることを確認してください Bitrise.ioにデプロイします ワークフローにステップインします。

カスタムスクリプトを使用してテスト結果をエクスポートする

で独自のスクリプトを使用できます 脚本 テスト結果をエクスポートする手順。次のことを確認する必要があります。

  • テスト結果はJUnitXML形式です。

  • 結果を$ BITRISE_TEST_RESULT_DIRに配置します。これは、正しいパスを指す環境変数です。

  • あなたは test-info.json 各テスト結果のサブディレクトリにあるファイル。

NS test-info.json ファイル

NS test-info.json ファイルには、テスト名が定義されている必要があります。各テスト結果には独自のテスト結果が必要です test-info.json ファイル。 test-nameの値は、[テストレポート]ページに実行されたテストの名前として表示されます。

  // Test Name ... { "test-name":"My first test" }

テスト結果をエクスポートするためのスクリプトの例を次に示します。

#!/bin/env bash
set -ex

# Creating a sub-directory for the test run within the BITRISE_TEST_RESULT_DIR:

test_run_dir="$BITRISE_TEST_RESULT_DIR/result_dir_1"
mkdir "$test_run_dir"

# Exporting the JUnit XML test report:

cp "MY/TEST/REPORT/XML/FILE/PATH.xml" "$test_run_dir/UnitTest.xml"

# Creating the test-info.json file with the name of the test run defined:

echo '{"test-name":"MY TEST RUN NAME"}' >> "$test_run_dir/test-info.json"

すべてがうまくいけば、あなたはであなたのテスト結果を見ることができるはずです テストレポート ページ。