Xcodeプロジェクト用に署名されたIPAを作成する

概要

You can easily create a signed IPA file for your Xcode project with Bitrise if you have your Apple connection set up correctly and you made code signing files available to your builds.

注記

BitriseでのiOSコード署名の概要

コード署名資産管理に利用できるステップの包括的な概要については、次のWebサイトをご覧ください。 iOSコード署名ページ

Bitriseを使用すると、Xcodeプロジェクト用の署名付きIPAファイルを簡単に作成できます。あなたがする必要があるのはあなたのコード署名ファイルが正しく管理されていることを確認し、そして私たちの関連する入力を設定することです iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ステップ。

ディストリビューションと開発署名証明書をアップロードします

プロジェクトの開発署名証明書と配布署名証明書の両方をアップロードすることを強くお勧めします。さまざまな種類の証明書がないと、さまざまな種類の署名付きIPAファイルを生成できません。

すべての設定が完了したら、ワークフローでのIPAエクスポートの設定に進みます。

  1. 必要なことを確認してください コード署名ファイルが収集され、アップロードされました

  2. あなたが持っていることを確認してください iOS用のXcodeアーカイブとエクスポート ワークフローにステップインします。

  3. をセットする 配布方法 ステップの入力。

    creatingasignedipa.png

    自動プロビジョニングを使用する場合は、の値と一致していることを確認してください 配布タイプ 関連する入力 iOS自動プロビジョニング ステップ。オプションは次のとおりです。

    • auto-detect -このオプションは非推奨であり、削除されることに注意してください。使用はお勧めしません。

    • app-store:アプリをApp Storeにデプロイする場合は、これを選択します。配布証明書とAppStoreプロビジョニングプロファイルが必要です。

    • ad-hoc:アプリをアドホックテスターにデプロイする場合は、これを選択します。配布証明書とアドホックプロビジョニングプロファイルが必要です。

    • enterprise:Apple Enterpriseアカウントをお持ちで、それを使用してアプリを配布する場合は、これを選択してください。

    • development:内部テストにはこれを選択してください。開発者証明書と開発プロビジョニングプロファイルが必要です。

  4. をセットする 自動コード署名 コード署名に使用するAppleサービス接続への入力。使用可能なオプションは次のとおりです。

  5. ワークフローを保存して、新しいビルドを開始します。

それで全部です。 Xcodeは、プロジェクトのバンドルIDとチームIDの設定、および設定したエクスポート方法に基づいて、適切な署名ファイルを自動的に選択します。

別のチームのコード署名ファイルを使用してIPAファイルに署名する

別のチームのコード署名ファイルを使用してIPAファイルに署名する場合(たとえば、社内ビルドに会社のコード署名を使用しているが、App Store配布にクライアントのコード署名ファイルを使用している場合)、設定するだけです。 NS このエクスポートに使用する開発者ポータルチーム オプションも(に加えて 配布方法)。

  • 会社のコード署名ファイルを内部ビルドに使用しているが、クライアントのコード署名ファイルがAppStoreの配布に使用されている場合。

  • 自動コード署名にAppleIDを使用し、Apple IDが複数のチームに属している場合は、開発者ポータルチームを使用してこのエクスポート入力に使用し、自動コード署名資産管理に使用するチームを指定します。

そうするには:

  1. 新しい開発チームの正しいコード署名ファイルがBitriseにアップロードされていることを確認してください。

  2. このエクスポートオプションにも使用するように開発者ポータルチームを設定します( 配布方法)。

  3. をセットする 配布方法