ホワイトラベルアプリバージョンの作成

概要

ホワイトラベルプロジェクトのさまざまなバージョンを作成し、ワークフローをチェーンして環境変数に違いを設定することで、すべてまたは1つのバージョンのみをビルドできます。

このガイドでは、ホワイトラベルプロジェクトのさまざまなバージョンを作成し、ワークフローをチェーンして違いを設定することにより、すべてまたは1つのバージョンのみをビルドする方法について説明します。 環境変数

この記事では、ホワイトラベルプロジェクトの3つの個別のバージョン(赤、緑、白)を作成しています。

このセットアップに必要なもの:

ホワイトラベルアプリのワークフローの準備

  1. アプリを追加する 通常の方法でBitriseに。

  2. 上のアプリをクリックします ダッシュボード に行きます ワークフロー

  3. の隣に ワークフロー、 クリック +ワークフロー メインワークフローを作成します。

  4. に基づいて新しいワークフローを追加します 空のワークフロー

    この例では、メインのワークフローは次のように呼ばれます allcolor。このワークフローは、チェーン内のバージョン固有のワークフローの実行を開始します。

  5. クリック +ワークフロー バージョン固有のワークフローを作成します。

    作成したいバージョンと同じ数のワークフローを追加し続けます。

  6. に移動します 環境変数 タブをクリックして、作成した各ワークフローにバージョン固有のパラメーターを追加します。

    この画像でわかるように、ワークフロー環境変数を 白い ワークフローは残します allcolor 無傷。

    Creating white label app versions
  7. に戻る ワークフロー タブをクリックしてクリックします ワークフロー あなたを作成するには ユーティリティワークフロー

    たとえば、アンダースコアで始まる名前を付けるようにしてください。 _ランナーそれ以外の場合、BitriseCLIはそれをユーティリティワークフローとして扱いません。

  8. ユーティリティワークフローにステップを追加します。

    この例では、 脚本 ワークフローから環境変数を継承し、ビルドログに値を出力するステップ。

    Creating white label app versions

ホワイトラベルアプリのワークフローの連鎖

たくさんのワークフローの準備ができたので、次はそれらを正しい順序でチェーンします。

  1. メインワークフローを選択します(allcolor この例では)トリガーに応答します。

  2. クリック 後にワークフローを追加、バージョン固有のワークフローを選択し、 終わり

  3. クリック 後にワークフローを追加 もう一度、バージョン固有のワークフローの直後にユーティリティワークフローを追加します。

    ビルドするバージョンの数に応じて、ワークフローを追加し続けます。このガイドでは、後に3種類のワークフローを追加します allcolor ここで、各ワークフローの後に同じユーティリティワークフローが続きます。

    Creating white label app versions

    これは、セットアップがどのように見えるかです ワークフロー タブ。

    Creating white label app versions
  4. ビルドのページに戻り、をクリックします ビルドの開始/スケジュール

  5. の中に ビルド構成 ポップアップウィンドウで、メインのワークフローを選択します ワークフロー。これにより、チェーンワークフローが開始され、ホワイトラベルアプリのアプリバージョンがビルドされます。

簡単な例では、チェーンワークフローの出力を次に示します。

Creating white label app versions