Androidサインステップを使用したAndroidコード署名

を使用して署名付きAPKを作成できますAndroidサインBitriseワークフローにステップインします。このステップは、ワークフローエディターの[コード署名]タブにキーストアファイルを既にアップロードしている場合に実行するように構成されています。

プロジェクトのbundle.gradleファイルで署名が構成されている場合、Android署名ステップは必要ありません。その場合、Androidビルドステップ(またはGradle Runnerステップ)を実行すると、出力(APKまたはAAB)に自動的に署名されます。それでも、Android Sign Stepを使用して、簡単で安全な方法でプロジェクトに署名することをお勧めします。

jarsignとapksigner

APKはどちらかで署名できます jarsigner また apksigner。 APKの場合、apksignerを使用してプロジェクトに署名する場合は、Androidの署名ステップで最初に有効化を設定する必要があります apksigner trueに入力し、APK署名スキーム入力を自動のままにします。こちらです apksigner APKの最小およびターゲットSDKバージョンをチェックし、必要なスキームを選択します。サポートされている最小バージョンが低い場合はV1スキームでプロジェクトに署名し、新しいシステムでは他のスキームでも署名します。

AABファイルはjarsignerでのみ署名できることに注意してください。ステップは使用します jarsigner で終わるファイルを検出した場合.aab

  1. でアプリを開きます ビットライズ

  2. に移動します ワークフロー タブ。

  3. に移動 コード署名 >> Androidコード署名

  4. キーストアファイルをにドラッグアンドドロップしますファイルをアップロードするのフィールドAndroidキーストアファイルセクション。

    キーストアファイルをアップロードすると、キーストアURLが自動的に生成されます。 Bitriseは、環境変数(BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL)をファイルのダウンロードURL(時間制限のある読み取り専用のダウンロードURL)に値として割り当てます。 Android Sign Stepが自動的にダウンロードするため、手動でダウンロードする必要はありません。

  5. 表示された3つの入力フィールドに資格情報を入力します。

    • キーストアのパスワード

    • キーストアエイリアス

    • 秘密鍵のパスワード

  6. クリック メタデータを保存する

    キーストアファイルをANDROIDKEYSTORE FILEセクションに正常にアップロードすると、Bitriseは入力に基づいて次の環境変数を自動的にエクスポートします。

    • $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_ALIAS

    • $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_PASSWORD

    • $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_PRIVATE_KEY_PASSWORD

    • $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL

  7. 追加します Androidサイン APKまたはAABファイルをビルドするステップの後にワークフローにステップします。

    Bitriseは上記の環境変数を使用し、それらをのそれぞれのフィールドへの入力として設定します。Androidサインステップ。ステップが実行されると、署名されたAPKまたはAABのいずれかが生成されます。署名されたAPKまたはAABは、デプロイ手順で使用されます。たとえば、GooglePlayデプロイステップまたはBitrise.ioにデプロイしますステップ。後者はAPK / AABをにデプロイします アプリとアーティファクトタブ。使用することもできます APK / AABファイルを作成したら、アプリをデプロイします。

キーストアファイルのダウンロード

ファイルダウンローダーの手順を使用して、ANDROID KEYSTOREFILEセクションからプロジェクトディレクトリにキーストアファイルをダウンロードできます。

- file-downloader:
   inputs:
   - source: $BITRISEIO_ANDROID_KEYSTORE_URL
   - destination: "$HOME/keystores/my_keystore.jks" #native android#

このステップの後、my_keystore.jksで利用可能になります$HOME/keystores/my_keystore.jks