Skip to main content

GitlabWebhookの追加

概要

GitlabでWebhookを指定して、コードのプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびに、Bitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするようにすることができます。

コードプッシュやプルリクエストなどの指定されたアクションを実行するたびに、Bitriseがアプリのビルドを自動的にトリガーするようにWebhookを設定できます。 GitLabの場合、あなたがしなければならないのはあなたの登録することだけです bitrise-webhooks あなたのWebhookとしてのURL GitLab リポジトリ。

In addition, you can take advantage of Git Insights. Git Insights enables you to quantify and optimize Git collaboration. It provides crucial metrics like pull request cycle time and merge frequency.

Webhookは自動または手動で登録できます。このガイドでは、Webhookを手動で登録するプロセスについて説明します。

  1. Bitriseでアプリを開くには、 管理者 アプリチームでの役割

  2. に移動します 設定 タブ。

    app-settings.png
  3. 左側で、 統合

  4. クリック Webhookを手動で設定する

  5. ポップアップウィンドウで、ドロップダウンメニューからGitLabを選択します。

    apps-webhooks-select.png
  6. WebhookのURLをコピーします。

  7. でプロジェクトを開きます GitLab.com

  8. に移動 設定 プロジェクトの。

  9. 選択する 統合

  10. 入力します bitrise-webhooks URLフィールドのURL。

    Adding a Gitlab webhook
  11. の中に 引き金 セクション選択:

    • プッシュイベント

    • タグプッシュイベント

    • マージリクエストイベント

    • Comments

    Adding a Gitlab webhook
  12. クリック Webhookを追加する

それで全部です!次にコードをプッシュするとき、新しいタグをプッシュするとき、またはマージリクエストを作成/更新するときに、ビルドがトリガーされます(Bitriseのイベントに対してトリガーマッピングが定義されている場合)。