ビルドステータスをGitホスティングプロバイダーに報告する

Bitriseは、ビルドステータスレポートをGitプロバイダー(GitHub / GitLab / Bitbucket)にプッシュバックできます。 Gitホスティングサービスに向けて通信するには、Bitriseを認証するだけで済みます。ビルドステータスレポートとは別に、これにより、SSHキーやWebhookの自動登録などの他の操作が可能になります。

これを行うには、でサービス資格情報ユーザーを指定する必要があります チーム 上のアプリのタブ bitrise.io。また、このユーザーが、選択したgitホスティングサービスに接続されたアカウントを持っていることを確認する必要があります。 bitrise.io。このアカウントは、BitriseがgitホスティングプロバイダーのAPIと通信するために使用されます。

ステータスレポートは、自動的にトリガーされるビルドのみを対象としています

ステータスレポートは、コードプッシュまたはプルリクエストによってトリガーされたビルドなど、自動的にトリガーされたビルドに対してのみ送信されます。

ビルドステータスレポートの構成

  1. 使用するアカウントが関連するホスティングプロバイダーに接続されていることを確認してください。 プロファイル設定 アカウントのページを確認し、 接続されたアカウント 左側のメニュー。

    Reporting the build status to your Git hosting provider
  2. に移動します チーム 上のアプリのタブ bitrise.io

  3. を見つける サービスクレデンシャルユーザー メニューをクリックし、接続されたアカウントを持つユーザーを選択します。

  4. クリック Git接続をテストする ボタンをクリックして、選択したユーザーの接続を使用して、ビルドステータスをホスティングプロバイダーに送り返すことができることを確認します。

ビルドステータスレポートのトラブルシューティング

ビルドがGitホスティングプロバイダー(GitHub、GitLab、またはBitbucket)にステータスレポートを送信しない場合は、問題の原因を見つけるために少し調査する必要があります。潜在的な問題を見てみましょう!

サービスクレデンシャルユーザーの確認

NS サービスクレデンシャルユーザー 上のアプリの bitrise.io gitホスティングプロバイダーに接続されたアカウントを持っている必要があります。

  1. 上のアプリのページに移動します bitrise.io

  2. クリック Team タブ。

  3. を見つける Service credential User メニュー。デフォルトでは、アプリの所有者はサービス資格情報ユーザーです。

  4. 確認してください Account Settings page サービス資格情報ユーザーのアカウントの。

左側にあなたは見つけることができます 接続されたアカウント セクション。他のサービス(GitHub、Bitbucket、GitLabなど)を接続および切断できます。 bitrise.io アカウント。

正しいアカウントに接続したことを確認してください

特定のサービスに複数のアカウントがある場合は、リポジトリにアクセスできるアカウントに接続しているかどうかも確認する必要があります。上のサービスプロバイダーの名前をクリックすると、接続したユーザーを確認できます bitrise.io アカウント設定 ページ。それはあなたのgitホスティングプロバイダーのウェブサイトで接続されたユーザーのページを開きます。

サービス資格情報ユーザーがリポジトリーに対する管理者権限を持っていることを確認してください。 gitホスティングプロバイダーのウェブサイトのリポジトリ設定でこれを確認してください。

リポジトリの権限とリポジトリのURLを確認する

  • ワークスペースまたはチームへのBitriseアクセスを許可していることを確認してください。 Bitriseアクセスを許可しなかったか、リポジトリを所有するGitHubワークスペースまたはBitbucketチームへのアクセスを拒否した可能性があります。

  • リポジトリのURLが最新であることを確認してください。に移動します 設定 上のアプリのタブ bitrise.io そして、 リポジトリのURLリポジトリの現在の場所を指します。たとえば、リポジトリの名前を変更したり、別の場所に転送したりすると、ステータスレポートが失敗する可能性があります。