Skip to main content

HTMLレポートの表示

概要

View dynamically generated rich HTML content (for example, code coverage reports or performance reports) directly on the Bitrise UI: no need to download the report and use a separate tool to view it.

Bitrise のビルド中に何らかの形式のリッチ HTML コンテンツ (コード カバレッジ レポートやパフォーマンス レポートなど) を生成する場合、別のツールでレポートをダウンロードして表示する必要はありません。コンテンツは Bitrise 上で直接表示できます。 UI。すべてを HTML ファイルに埋め込む必要もありません。Bitrise はすべての画像、CSS ファイル、JavaScript ファイルを解析して、意図したとおりに完全なコンテンツを表示します。

  1. ビルド中に HTML レポートを生成します。

  2. のサブフォルダーを作成します。 BITRISE_HTML_REPORT_DIR わかりやすい名前のディレクトリ。フォルダーの名前は、UI 上のレポートのタイトルになります。

    BITRISE_HTML_REPORT_DIR Bitrise が HTML レポートを検索するディレクトリを指す環境変数です。

  3. 生成されたレポートがサブフォルダーに展開されていることを確認してください。

    複数のレポート

    複数のサブフォルダーに複数のレポートを生成できます。各レポートには、 index.html ファイル。

  4. ビルドを実行します。

  5. ビルドが完了したら、ビルドのページに移動して、 アーティファクト タブ。レポートは次の場所にあります。 HTMLレポート セクション。

    7日間の制限

    各 HTML レポートは 7 日間使用できます。

    HTML reports on the Artifact tab of the Bitrise builds page